本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則」柴村恵美子

(2020年1月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(88点)


■人には「魅力」という力があり、
 魅力的なことをしていると
 どんどん良いことが起きるという。


 人はそれを「ツキ」と表現しますが、
 それは偶然ではなく、魅力的な人に
 とっては必然だというのです。


 では、どうすれば魅力的な人に
 なれるのかと言えば、
 褒めることだという。


・「国褒め」「物褒め」「命褒め」、 この3つの「いいとこみつけ」は、 毎日自分に向かい合う時間を作り、 3分間実行するだけです(p5)


■今住んでいる街を褒める。
 今使っている物を褒める。
 今であった人を褒める。


 例えば、今、北国に住んでいたら
 「ここはスキーができて最高!」
 「夏はすずしくて最高!」
 と口にするのです。


 今、使っているパソコンは最高だし、
 今の仕事も楽しいし最高。
 もちろん同僚も最高なのです。


 そういうことをしている人は
 明るく楽しいエネルギーを発し、
 そのエネルギーが良いことを
 引き寄せるのです。


・「一人さん、秋はさみしいね」・・ 「何を行っているの、エミちゃん。 秋はおいしいんだよ」・・・ 「それは秋だからさみしんじゃないよ・・ いつも心の中がさみしいんでしょう」 こう言われて、ドッキリしました(p22)


■魅力とツキの法則は、
 事実だと思いました。


 いつも明るく笑顔で、
 楽しいことを言っている人には
 プラスのパワーがあるのです。


 そうした人には
 そうした人に応じた
 チャンスがやってきて
 人生も開けていくのでしょう。


 柴村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・神様のお役に立つとは どんなことかというと、 人に喜ばれることをする、 人から感謝されることを すること(p15)


・「白光の誓い」・・ 「自分を愛して、他人を愛します。やさしさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。 長所を褒めるように努めます」(p20)


・天職なんてないのです。自分の目の前にあることを一生懸命やっていると、それが天職になるのです・・・みんなが困っていることを探して、それを仕事にすればいいのです(p60)


・幸せになるのは簡単なんです。「ああ、幸せだなあ」と言えばいいだけなんですから(p68)


・私たちが感謝の気持ちを伝えれば、物も必ず応えてくれます(p104)


・一人さんは、よく、「『いいことが書いてあるな』と思う本は7回読みなさい」と言います(p176)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ




柴村恵美子、イースト・プレス

【私の評価】★★★★☆(88点)

[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 エネルギーは与え合うものです 「いいとこみつけ」で魅力を呼び込もう
第2章 「国褒め」「物褒め」「命褒め」で、いつも上気嫌 3褒めで奇跡は起こる!
第3章 上昇気流からジェット気流に乗る! 今日から人生がすべてうまくいく
第4章 「いいとこみつけ」で、こんなに魅力的に変わった! 毎日がいいことでいっぱいになる!実践体験談



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: