本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「平和の発見 巣鴨の生と死の記録」花山信勝

(2020年1月23日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■東京裁判で裁かれた戦犯が収容された
 巣鴨拘置所では、牧師と仏教僧が
 配置されていました。


 著者は巣鴨拘置所の仏教僧として
 死刑囚の最後に寄り添い、
 最後の言葉、遺書を預かったのです。


 主に死刑囚の言葉を記録していますが、
 多くの死刑囚は自分の死に対して
 どういう意味を与えるのか、
 考えているように見えました。


・人生は50年だ。早や、5年も過ぎた。父が、53歳でなくなったように記憶している。やっと、2年しか永く生きなかった。しかし、若くして死んだ部下のことを思えば、ぜいたくもいえまい。多くの部下は、新しい日本建設の礎石として死んだのだ。余も、その仲間入りをするのだ(尾家大佐)(p147)


■そもそも東京裁判が戦勝国が
 敗戦国を人道・平和への罪で裁く
 という取って付けたようなもの。


 裁判の中では、黙秘、否認した人が
 無罪となり、まじめな人が
 死刑となるという理不尽なことも
 あったようです。


 巣鴨に収容された人の中でも
 死刑囚となった人もいれば、
 無罪となって戦後日本の実力者と
 なった人もいる。


 うまくやった人が得をするというのは
 いつの時代でも変わらないのだな、
 と感じました。


・裁判の判決については、この際いうことを避けたい。いずれ冷静な世界識者の批判によって日本の真意のあったところを了解してもらえる時代もくるであろう(東条英機)(p254)


■この本を読みながら、
 日本から逃亡したカルロス・ゴーンが
 頭の中に浮かびました。


 日本の司法制度を批判し、
 自分の潔白・無罪を主張し、
 逃亡したゴーン氏。


 一方、戦勝国の一方的な東京裁判への
 反論をあまり行わず、
 主に自らの失態を反省する日本人には
 大きな差があるように感じました。


 無理筋でもルールを作って、
 自分の正当性を維持しつつ、
 相手を罰するくらいの図々しさが
 日本人には足りないのでしょう。


 この本は「読書のすすめ」の清水さんの
 ご紹介で読むことができましたので、
 ぜひ「読書のすすめ」で購入ください。


 花山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・所長や君は俘虜虐待の先導者であると僕は思う。君が収容所にいた時には大きな顔をして威張っていて、今日(いま)になって何も知らんといって知らぬ顔をするのはあまりに卑怯だ・・・われわれは所長、君、兵隊の罪までかぶさってしまったのだ。僕も武田も君をうらんでいる。僕らは君のヒキョウを呪いつつ死んで行くからそのつもりに思ってくれ(牟田松吉)(p113)


・敗戦後日本からは、「愛国心」という言葉は全く払拭されたような感がある・・換言すれば、国民が、民主主義や個人主義をいかに曲解しているかという証明であり、国家主義や全体主義にだけ愛国心があると誤解している証拠でもある。なぜならば、民主国家たるイギリスや、アメリカや、ロシアに愛国思想が欠如していたとだれがいえよう・・戦争中口角泡をとばして、国事を論じた連中は、敗戦とともに、愛する対象を喪失したかのように、口をかん(糸へんに減)してしまっている(p170)


・今次戦争の指導者たる英米側の指導者は、大きな失敗を犯した。第一は、日本の主とした赤化の防壁を破壊し去ったこと。第二は、満洲を赤化の根拠地たらしめたこと。第三は、朝鮮を二分して東亜紛争の因たらしめたことである(東条英機)(p346)


・無差別爆撃や原子爆弾の投下による悲惨な結果については、米軍側に於いても大いに同情と、憐愍(れんびん)と、悔悟あるべきである。最後に軍事的問題について一言する。我国従来の統帥権は間違っていた。あれでは陸海空軍一本の行動はとれない(東条英機)(p348)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



花山信勝、方丈堂出版

【私の評価】★★★☆☆(74点)


[読書のすすめで購入する]


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

序 章 巣鴨の門
第一章 文人の感起
第二章 花とローソク
第三章 東京裁判の二年間
第四章 二十七死刑囚の記録
第五章 巣鴨生活みたまま
第六章 東京裁判の終幕
第七章 七人との面談記録
第八章 昭和二十三年十二月二十三日午前零時一分
第九章 平和の発見
増補・東条元大将の遺言



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: