本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ヘアサロン 経営プロジェクト: スタッフの夢をデザインする組織づくり」三浦丈英

(2020年1月22日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(80点)


■表参道に「2交代制」「アカデミー制度」
 など従来の美容室の常識を壊しつつ、
 成果を出している美容室があるという。


 著者の美容室「THEATER」では、
 従業員を幸せにする仕組みとして
 2交代で労働時間を短縮しているという。


 また、勤務時間内に新人教育することで、
 従来3年アシスタントとして修行する
 ところを6ヶ月でスタイリストとして
 仕事ができる仕組みを構築。


 給与についても50%の歩合給で
 最低保障月24万円と手厚い制度と
 しているのです。


・みんなが幸せになれる仕組み作りをしたかったのです。具体的には,交代制労働にして労働時間を短くする,給与水準を上げる,アシスタント制度を廃止して,なるべく早くスタイリストになれるようにする,1万人の雇用を実現する(p29)


■これらはすべて創業時に
 美容師が幸せになれる仕組みを
 作りたいという思いから
 出発しているのだという。


 新人を教育する時間を作るために
 店舗は大型とし、1万円以下の単価で
 稼働率を高めることに成功。


 さらに高い歩合制により
 実力を持ったスタイリストが育ち
 人気店となっているという。


 1万人の雇用を目標としていますが、
 早期の人材育成の仕組みが
 店舗拡大を可能としているようです。


・店舗が大きくなればなるほど家賃も高くはなります・・店舗が大きいとその分,たくさん人を雇うことができ,若いスタッフをどんどん育てることができ・・次の店舗展開への準備ができたりするということになるのです(p66)


■美容室の業界も競争が激しく、
 離職率も高いなど多くの問題を
 抱えているようです。


 そうした中で従業員が幸せに
 なれる仕組みがあり、かつ
 業績を上げているというのは
 希望が持てます。


 もう少し「THEATER」を見ていきたい
 と思います。


 三浦さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本にあるヘアサロン約24万件のうち,開店1年以内に倒産も含めた閉店が全体のおよそ60%あるというのです。さらに10年以内だと95%にも達する(p20)


・美容師の離職率は高く,入ってきた人の半分以上が1年以内にいなくなるというのが通説になっています(p162)


・競合相手の状況については・・ありとあらゆるものに目を通し,どれくらいの価格になっているのかをリサーチしました。表参道にあるヘアサロンすべての価格を調べて回った(p84)


・表参道のサロンでは,月に100~200人の新規のお客さまが来てくだされば「成功」と言われていました。それに対して,起業当初僕が目標にしたのは「月500人」の新規集客です(p56)


・シアターでは歩合給の場合の取り分を,50%近くにすることにしました(社会保険料込みの分配率です)・・最低保証額を上回ると,歩合給に変更するようにしています(p147)


・今,アシスタントがスタイリストになるために練習する時間は,週に2時間程度といわれています・・・アカデミーのシステムを作りました。これはアシスタントに6か月間,週3日の平日,9時から5時までみっちり技術を指導し、練習をさせて,スタイリストに昇格させるというシステムです(p102)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



三浦丈英、合同フォレスト

【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 美容業界は大丈夫か?
第2章 会社は経営理念に始まり経営理念に終わる
第3章 集客こそがヘアサロン経営のカギ
第4章 人材教育が会社を大きく育てる
第5章 会社はスタッフのためのもの



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: