本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人生に奇跡が起きる扉の魔法」おくぞの しほ

(2020年1月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■著者は「扉のワーク」によって
 クライアントの心のトラウマや
 制約を明らかにし、
 次に進むお手伝いをしているという。


 具体的には、「なりたい理想の自分」
 を紙に描き、その前に立ちふさがる
 「扉」をイメージして紙に書くというもの。


 その「扉」のイメージを色鉛筆で描くことで
 クライアントの制約となっている
 心の状況がわかるのです。


・「扉のワーク」・・で書いた・・状況や状態は、あなたの満たされてこなかった真の願望です(p52)


■心にトラウマを持っている人は、
 怒りを抑えていたり、抑圧していたり
 していることが多いようです。


 自分の心と向き合うという意味では
 アンガーマネジメントと共通点を持つと
 思いました。


 おくぞのさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「扉のワーク」・・で書いた・・状況や状態は、あなたの満たされてこなかった真の願望です(p52)


・怒りの感情を、分析し観察することで、自分が何を手にしたいのかを発見でき、それを周りの人に要求することができるので、自分にとって嫌な状況の改善につながります(p29)


・抑圧した数だけ扉の数があるので、何度も扉のワークをやることで・・抑圧されてきた感情を見つけてあげることができます(p31)


・自分自身の陰陽を受け入れる・・・私たちは、喜怒哀楽すべての感情を持った人間なのだということを自覚して、そこに何の批判もなく、ただあるがままの感情を眺められるようになれば、知恵のある賢者や仙人のような存在になり、訳のわからない激しい感情に振り回されることが、日常生活の中で少なくなり、平和で幸せな時間を感じられるでしょう(p35)


・親の幸せや不幸の責任は、自分にはない・・・親を責めることなく、自分のスペースを守るために、意思表示してください(p99)


・摂食障害・・・食べることで、不安感を感じないようにしていることを自覚してください。不安感が出てきた時は、その不安感をただ抱きしめてあげてください。それが、自分に関心を持ってあげていることなんです(p146)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



おくぞの しほ、自由国民社

【私の評価】★★★☆☆(71点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

1章 「もう一人の自分」とは何者なのか?
2章 扉のワークは私たちに何をもたらすのか?
3章 扉のワーク―心の診断書の作り方
4章 心の診断書の読み方
5章 扉のワークを受けた人の体験談


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: