本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人 天とつながる「思考が現実になる法則」」柴村 恵美子

2021/02/22本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■あらゆる成功法則をマスターしている
 斎藤一人さんの一番弟子が教える
 「思考は現実化する」です。


 まず、良い言葉を使うこと。
 そして常に上機嫌でいること。


 その良い波動が、良いことを
 自分に引き寄せるのです。


 特に商売人にとっては
 お金は人が持ってくるのですから、
 良い人を引き寄せる人間に
 ならなくてはならないのです。


・一人さんと出会って、私の使う"言葉"が変わりました。使う言葉が代わると、起こる"現象"が変わります(p39)


■面白いのは斎藤一人さんが
 「心配」「不安」対策を
 重視していることでしょう。


 人は自分を守るために
 自然と「心配」「不安」に
 なるようになっています。


 戦争や飢饉がある時代なら
 「心配」「不安」は自分を
 守ってくれる大事な本能です。


 一方、より安全になった現代社会では
 余計な「心配」「不安」を減らして
 必要な行動を増やすことが
 成功への近道なのでしょう。


・心配や不安になること自体は、悪いことではありません。これはいわば、人間の防衛本能なのです・・でも、過度に心配したり、不安を感じるのは良くありません(p144)


■人はそれほど差があるわけではなく、
 うまくいっている人も不安で
 うまくいっていない人も不安なのだ、
 と思いました。


 そうした自分の防衛本能をうまく
 調整してあげて、成功のための
 環境を作ることが大事だと感じました。


 占い師に変なことを言われても
 「そんなことはない」「大丈夫」
 と自分を鼓舞する。


 そんなちょっとした心の差が、
 運命を変えるのではないでしょうか。


 柴村さん
 良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・恵美ちゃんはすごく働き者だね。だから、事業家向きだよ(p79)


・1日に10回、「自分をもっと、ゆるします」と言う(p100)


・忍耐力は、嫌いなことより好きなことを続けたほうが身につく・・人にはやはり「向き・不向き」があるのです(p105)


・人生とは、自分の「楽しさ」を見つける旅路(p114)


・危険な場所やイヤな人物から逃げられないときは、神様が与えた試練と考える(p130)


・「不安」が消えないときは、「大丈夫です」「すべてはうまくいっている」とつぶやいてみる(p147)


・「不安」や「心配」「恐れ」を感じたら、「このドキドキがいいんだ」とつぶやく(p152)


・水も100度になると沸騰しますが、そこから1度でも下がれば沸騰しません。それと同じで、心配になったら、その気持ちを少しでも和らげてあげれば病気にもならない(p154)


・「上機嫌でいる」ために必要なこと、それはまず"意識"することです・・・不機嫌でいると、その不機嫌と同じ波動のものとつながり、引き寄せます(p174)


・一人さんから聞いた話ですが、人は死んだときに神様から二つのことを聞かれるのだそうです。それは、「あなたはこの人生を楽しみましたか?」ということと、「まわりの人にやさしくしましたか?」ということです(p186)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

柴村 恵美子、PHP研究所


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 日々使っている言葉があなたの人生を決める
第2章 人生は、必ずあなたのイメージ通りになる
第3章 あなたの思考が現実化しない本当の理由
第4章 天とつながる「上機嫌思考」で人生を豊かに生きる


著者紹介

 柴村恵美子(しばむら えみこ)・・・斎藤一人さんの一番弟子。『銀座まるかん』柴村グループ代表。北海道生まれ。18歳のとき指圧の専門学校で、斎藤一人さんと出会い、一番弟子としてまるかんの仕事をスタート。以来、東京や大阪をはじめとする、13都道府県のエリアを任され、統括する。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: