本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「権力に翻弄されないための48の法則 下」ロバート・グリーン

2021/02/21本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■人がいるところにパワーゲームが存在して
 いるという。つまり、王室にも国会にも
 芸術家にも大企業にも権力者がおり、
 下っ端がパワーゲームをしているのです。


 そうしたパワーゲームの中でいかに
 泳ぎ、自分にとって良い結果を得るか
 その法則をしっているかどうかで
 変わるのです。


 例えば、新しい組織に入るとなかなか
 馴染めないことや、イジメられる可能性が
 高まります。そうした中でいかに相手を立てて、
 自分はへりくだり、敵ではなく仲間を
 作ることができるのか。そこが大事なのです。


・自分より下の者と敵対関係になることの愚かしさを知っていたド・レは、自分の長所を隠してできるだけへりくだり、成功したのは運がよかったためだと強調した(p386)


■組織の中で権力を持つためには、
 危ないことは人にやらせることで
 自分の評判を落とさないこと。


 できるだけ人に妬まれないように
 自分は運が良いだけで
 人に助けてもらったことを
 強調するのです。


 目立たないのもだめですが、
 目立ちすぎも危ないということ
 なのでしょう。


・できるだけ人に妬まれないように、自分から提唱するのではなく、他人が言いだしたように見せかけることを心がけていた(p382)


■周囲を煽動して自分の評判を落とそうと
 画策するような人は矯正する可能性は小さく、
 追放するしかないと断言するなど、
 私の経験からも納得の内容でした。


 世の中いろいろな人がいますので、
 危険を避けつつ、意見を聞きおだてながら、
 手柄を皆で分配し妬まれないように
 することが大事なのでしょう。


 グリーンさん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・評判を落としそうなことをしなければならない場合、自分でその仕事をするのは危険すぎる。こういうときには、かわりに汚い仕事や危ない仕事をしてくれる「手先」が必要である・・・悪いニュースを知らせる役は他人にまかせ、自分はよい知らせだけを運ぶ役目をはたすのだ(p28)


・自分の力を信じ、王のように振る舞うことによって、王冠をかぶるべき人間であるように見せることだ(p163)


・コロンブスは、探検家としてはせいぜい二流というところだった・・・だが、コロンブスには一つの天才的な側面があった。それは自分の売り込み方を知っていたことだ。チーズの行商人の息子で下層の海運商人にすぎなかった男が、最上級の王や貴族になんとか自分を売り込んでしまった事実をほかにどう説明できるだろうか?(p169)


・安全なのは進んで普通になることである。独創性を見せてもよいのは、寛容な友人と、こちらの特異性を確実に評価してくれる人物だけだ(p225)


・厄介事はたいてい一人の強力な個人に原因がある。煽動者、傲慢な下っ端、善意の押し売りをするやからなどである・・・交渉しようとしてもいけない。彼らは矯正のしようがないからである。彼らの影響力を中和うるには、孤立させるか追放するかだ。問題の根本を攻撃すれば、羊はおのずと散らばっていく(p305)


・パワーゲームでは、まわりにいる人びとにはこちらを助ける理由などまったくない。あるとすれば、それが彼らの利益になるときだけだ・・・冷淡な雰囲気を克服できるのは、見知らぬ人の心や精神を解きほぐす鍵をもっている人であり・・・たいていの人は・・・パワーを誇示したりする。そうとは気づかぬうちに、彼らはじつは敵を、自分に抵抗する者をつくりだしているのだ。自分の個性が無視されたり、心理状態を理解してもらえないことほど人を怒らせるものはないからだ(p328)


・改革の必要性を説け、ただし一度に多くを変えるな・・・もし変革が必要なら、過去のゆるやかな変化を装うことだ(p363)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★★☆(82点)



目次

法則25 新しい自分を創造せよ
法則26 自分の手を汚すな
法則27 何かを信じたがる人間の性向を利用して、盲目的な崇拝者をつくれ
法則28 大胆に行動せよ
法則29 終わりにいたるまで計画を立てよ
法則30 努力は人に見せるな
法則31 選択肢を支配せよ - 自分に都合のいいカードを引かせる
法則32 幻想に訴えよ
法則33 人の摘みネジを見つけろ
法則34 自分のやり方で王になれ - 王のように振舞えば、王のように扱ってもらえる
法則35 タイミングをはかる技術を習得せよ
法則36 手に入らないものは相手にするな。無視する事が最大の復習である
法則37 壮大なものを見せて人の目を釘付けにしろ
法則38 考えは自由でも、行動は他人にならえ
法則39 魚をつかまえるために水をかきまわせ
法則40 ただ飯を軽蔑せよ
法則41 偉大な人間の靴に足を入れるな
法則42 羊飼いを攻撃せよ、そうすれば羊は散り散りになる
法則43 相手の頭や心に働きかけよ
法則44 ミラー効果で敵を武装解除させ、あるいは激しく怒らせろ
法則45 変革の必要性を説け、ただし一度に多くを変えるな
法則46 あまり完璧に見せてはならない
法則47 狙ったところを超えて進むな、勝ったら引きどきを心得よ
法則48 かたちあるものなどない


著者紹介

 ロバート・グリーン (Robert Greene)・・・1959年、アメリカ・ロサンゼルス生まれ。雑誌の編集者や脚本家として経験を積んだのち、ベストセラー作家となる。著書に『成功者たちの誘惑術(原題:The Art of Seduction)』、『マスタリー―仕事と人生を成功に導く不思議な力 』(新潮社)などがある。


関連書籍

権力に翻弄されないための48の法則(上)
「権力に翻弄されないための48の法則(下)」


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: