本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

組織で生き抜く「権力に翻弄されないための48の法則(上)」ロバート・グリーン

2021/02/18本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

■現代のマキャベリというか、
 組織の中で生き抜き、
 権力を手にする方法です。


 いかに仲間を増やしつつ、
 敵を減らして中間層を広くし
 主人から認められるのか。


 それは逆説的ではありますが、
 目立ってはだめですが、
 自分を知ってもらう必要がある。


 一番は自分を助けてくれる
 良い人脈を作ることでしょう。


・法則7 他人を自分のために働かせよ、ただし手柄は決して渡すな・・・他人の知恵や知識や努力を使って、自分の目的を推進せよ(p117)


■また西欧社会の特徴かもしれませんが、
 表面的には公平で立派に見えますが、
 その裏には嫉妬と欲望と欺瞞が
 渦巻いている。


 つまりルールを決めて平等にやろう!
 と言いながら、ルールを決めるのは
 自分であり、自分に有利なルールを
 どんどん作ったりする。


 そうした裏の考え方を知らないと、
 地球環境とか差別撤廃などと
 もっともらしいキャンペーンの
 裏にあるものに気づかずに
 流されてしまうことがあるのかも
 しれません。


・何をするにも、文化的に、上品に、民主的に、公正に見えなければならない。しかし、そのルールを額面どおりに受けとって、厳密にそのルールを守りながらゲームをすれば、そこまで愚かでない周囲の者たちに叩きつぶされてしまうだろう(p8)


■私個人としては
 「法則24 完璧な廷臣を演じよ」の中の
 悪い知らせの使者になるな、
 という提言には納得。


 気難しい上司時代に、私の先輩は
 「オレは午前中には上司に説明に行かない。
 午前中に入った同僚がどう扱われるか
 見てから判断する」と言っていたことを
 思い出しました。


 つまり、今日の上司は二日酔いで
 機嫌が悪いのかどうか確認して、
 機嫌が良さそうなら説明に入る
 というのです。


 私はそんなことは気にせずに
 説明に入っていましたので、
 先輩に言わせれば「バカ」
 だったのでしょう。


・悪い知らせの死者になるな・・・王は悪い知らせをもってくる使者を殺す・・・悪い知らせを運ぶ役目が自分ではなく同僚になるようにして、必要とあらば嘘やごまかしも使え。よい知らせだけを運ぶようにすれば、主人に歓迎される(p318)


■上の顔色ばかり見ている上司を
 侮蔑的にヒラメ上司と言う人がいますが、
 実際ヒラメが出世したりするのが
 現実の世の中です。


 出世してやりたいことがあるなら
 ヒラメ上司といわれようと
 ヒラメになり切るのも
 一つの生き方なのでしょう。


 西欧的かつ合理的な権力組織の中での
 生き抜き方だと思いました。


 グリーンさん
 良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・主人の寵愛を得ようとするなら、わからないように行動しなければならない・・・周囲はつねに、抜けがけする者を排除しようと画策しているのだ(p8)


・法則24 完璧な廷臣を演じよ・・・誇示は禁物・・・目立ちすぎてはいけないけれども、自分に気づいてもらう必要はある・・・態度や話し方は、相手に応じて変えなければならない(p318)


・法則1 主人より目立ってはならない・・・主人よりも目立つことの危険性がわかっていれば、この法則を強みに変えられる。最初はお世辞を言って主人を得意がらせるがいい(p30)


・正直を貫けば、必然的に多くの人を傷つけ、侮辱することにもなる。お返しに、こちらが傷つけられることにもなりかねない(p10)


・法則11 他人を自分に依存させておくすべを覚えよ・・・最善の方法は、依存関係を築くことである。主人にこちらの助力を必要とさせるのだ(p165)


・まずは自分のおかした過去の過ちを検証することである。自ら前進をはばんでしまった、最も情けない過ちを思い出してみるがいい(p14)


・人びとが自分の行動を包んでいる目くらましにまどわされることなく、その奥にある動機を見抜けなければならない(p17)


・法則15 敵は完全に叩きつぶせ・・・モーセ以来、すべての偉大な指導者は、恐るべき敵は完全に叩きつぶさなければならないと知っていた(p202)


・法則19 相手の性格を見きわめよ――不適当な人物を攻撃するな・・・取るに足りないほどつまらない人間などいない・・・彼らを侮辱したら最後、そのパワーを役立てることはできない(p260)


・法則22 降伏戦術を使って、弱さを力に変えよ・・・自分のほうが弱いと思ったら、見栄をはって戦うものではない(p293)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

ロバート・グリーン、パンローリング


【私の評価】★★★★☆(89点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

法則1 主人より目立ってはならない
法則2 友を信じすぎず、敵をうまく使え
法則3 本当の目的は隠しておけ
法則4 必要以上に多くを語るな
法則5 名声は大いに頼りになる――生命をかけて名声を守れ
法則6 ぜひとも人の注目を集めよ
法則7 他人を自分のために働かせよ、ただし手柄は決して渡すな
法則8 他人に足を運ばせよ――必要ならば餌を使え
法則9 言葉ではなく行動によって勝て
法則10 感染を避けよ――不幸な人間や不運な人間とはつきあうな
法則11 他人を自分に依存させておくすべを覚えよ
法則12 意図的な正直さや寛大さで敵の武装を解け
法則13 他人に助力を求めるときは相手の利益に訴えよ。情けや感謝の念に頼ってはならない
法則14 友を装ってスパイをはたらけ
法則15 敵は完全に叩きつぶせ
法則16 姿を見せないようにして周囲の敬意と称賛を高めよ
法則17 予測不能の雰囲気をかもしだして、相手をつねにおびえさせておけ
法則18 保身のために砦を築くな――孤立は危険である
法則19 相手の性格を見きわめよ――不適当な人物を攻撃するな
法則20 誰にも深く肩入れするな
法則21 だまされやすい人間を装って人をだませ――カモよりも自分を愚かに見せよ
法則22 降伏戦術を使って、弱さを力に変えよ
法則23 自分の力を結集せよ
法則24 完璧な廷臣を演じよ
法則25 新しい自分を創造せよ
法則26 自分の手を汚すな


著者紹介

 ロバート・グリーン (Robert Greene)・・・1959年、アメリカ・ロサンゼルス生まれ。雑誌の編集者や脚本家として経験を積んだのち、ベストセラー作家となる。著書に『成功者たちの誘惑術(原題:The Art of Seduction)』、『マスタリー―仕事と人生を成功に導く不思議な力 』(新潮社)などがある。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: