人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「異常気象が変えた人類の歴史」田家 康

2018/10/17公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

異常気象が変えた人類の歴史 日経プレミアシリーズ


【私の評価】★★★☆☆(77点)


要約と感想レビュー

 地球温暖化が話題となっていますが、地球は歴史上、温暖化と寒冷化を繰り返してきました。2世紀までのローマ温暖期から寒冷化し、13世紀までの中世温暖期からの小氷期を経て現在に至っているのです。15世紀には寒冷化により海面水位が1メートル以上、低下したと推定されています。そして、その変動原因は、太陽活動、火山噴火、そして温室効果ガスの排出と考えられています。


 こうした気候変動の原因は太陽の活動と火山噴火と考えられていますが、最近になって温室効果ガスの大気放出も影響しているのではないか、との学説が出てきたのです。


・過去2000年の気候変動をもたらした大きな要因を2つあげるとすれば、太陽活動の変化と火山噴火である。20世紀後半になると、人為的な温室効果ガスの排出が加わる(p100)


 歴史を見ると、大きな気候変動があると、民族が移動しようとすることで戦乱が起きる可能性があります。栽培されていた作物が不作となり、新しい作物を求めなくてはならない可能性もあります。海面水位が変われば、漁業や海岸へ住んでいる人に影響が出るのでしょう。気候変動が私たちの生活を変えるのです。


・ジャガイモは、小氷期の気候からヨーロッパの人々を救った・・低温傾向が続く中でローマ時代以降に続いていた小麦栽培が困難になる一方、ジャガイモは冷涼湿潤な気候に適っていたのだ・・・アイルランドでは単位面積あたりの収穫量でみて、小麦なら1人分の食料しか得られないところ、ジャガイモなら2人分の食料が得られた(p159)


 ただし、気候変動は予測できない部分が、大きいのです。そもそも気候変動の要因には、温室効果ガスだけでなく、太陽の活動量の変化もあるし、10万年単位の氷河期のサイクルもある。さらに予測できないところでは、巨大火山の噴火、巨大小惑星の衝突でも寒冷化が起こるのです。10年後には何かしらの原因で地球が寒冷化して、地球を救うために温室効果ガスをもっと出そうとなっているかもしれませんね。


 田家さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・サハラの砂漠化傾向が顕著になった時期は、5500万年前から5000年前にかけてだ・・・乾燥化した地域はサハラだけでなく、中国、インド、中東、メキシコでも証拠がみつかっている。ヨーロッパ、アフリカ南部、北アメリカ、ニュージーランドでは寒冷化した(p51)


・紀元前2200年前頃から同1800年前頃にかけて、文明発祥の地とされるエジプトやメソポタミアの一帯で・・降水量が減少し、干ばつによる飢饉に発展した・・死海の湖面水位も、この時期に一気に100メートル低下した(p56)


・2世紀に入るとローマ温暖期は終わりを告げ、地球全体で気温の低下傾向が現れるようになる・・ローマ帝国ではドイツ北東部にいたゴート族、ブルグント族、サルマディア族といった奥地に住んでいた部族が家族ともども連れて南西方向への移動を開始した(p75)


・イロバンゴ湖の噴火・・・噴火時期は2回あり、150年から370年、そして408年から536年とされている・・・東ローマ帝国の秘書官プロコビウスは、536年冬に地中海のカルタゴに滞在した約1年間、太陽は輝きを失い月のように弱々しい状況で、その姿もはっきりとは見えず日食のようだったと記録している・・スカンジナビア半島のフユナラの年輪幅は過去1500年で540年から541年にかけてもっとも狭く、次いで536年の箇所であった(p80)


・1950年代末から1970年代初めにかけて、地球の気温は寒冷化傾向を示した・・・1970年代には氷河期が到来するとの論調が高まった(p175)


・次の氷期はいつ来るのか?・・・氷期・間氷期のサイクルがおよそ10万年単位で訪れる理由は地球の軌道の変化の中の離心率が主因である。これに地球軌道の変化の残りの2つの要素である地軸の傾きと歳差運動が共鳴・・(p194)


・確率的にみると、地球規模で自然災害を起こす大きさである直系1キロメートル以上の天体の落下は60万年に1回である。直径200メートル以下なら5万年に一度、直径50メートル級であれば2000年から3000年に一度となる・・超巨大火山噴火の発生確率は5万年に一度とされ、直径1キロメートル以上の小惑星・彗星の衝突よりも10倍以上高い頻度である(p199)


・7万4000年前(±4000年)、インドネシア・スマトラ島北部のトバ火山が超巨大噴火を起こした・・トバ火山の噴火は地球全体の気温を最大で15度低下させ、噴火後の5年間は5度の低下が続いたという。トバ・カタストロフ理論といわれ、急激な気温の低下により人類は危機に瀕し、人口が激減したと主張している(p29)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


異常気象が変えた人類の歴史 日経プレミアシリーズ
異常気象が変えた人類の歴史 日経プレミアシリーズ
posted with Amazonアソシエイト at 18.10.16
田家 康
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 300,224


【私の評価】★★★☆☆(77点)


目次

第1章 現世人類の最初の試練――先史時代
第2章 海風を待ったテミストクレス――BC3500年~AD600年
第3章 京都東山のアカマツ林の過去・現在・未来――700年~1500年
第4章 ストラディバリウスはなぜ美しい音色を奏でるのか――1550年~1850年
第5章 破局的な自然災害をもたらすもの――1900年~未来



著者紹介

 田家 康(たんげ やすし)・・・1959年神奈川県生まれ。1981年横浜国立大学経済学部卒。同年農林中央金庫に入社。有価証券投資、リスクマネジメント関連部署、農林水産金融部部長(森林部門担当部長)を経て現職。2001年気象予報士試験合格 現在、農林漁業信用基金漁業部長、日本気象予報士会東京支部長。


人類の進化関係書籍

人類進化の700万年」三井 誠
人類大移動 アフリカからイースター島へ
「異常気象が変えた人類の歴史」田家 康
ヒトは食べられて進化した」ドナ・ハート ロバート W.サスマン
ホモ・デウス」ユヴァル・ノア・ハラリ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: