「会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術」安藤美冬、中村貞裕、楠本修二郎、山本由樹、坂野尚子、和泉昭子、村尾佳子、藤田晋

| コメント(0) |

会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術

【私の評価】★★★★☆(80点)


■経営者、専門家、フリーランスや、
 企業中で活躍している人など、
 元気な人たちが自分の経験を
 教えてくれます。


 すべてが経験談ですから、
 説得力があります。


 起業や独立しようと思っている人に
 ぴったりの話が多いと感じました。


・事業計画書がくせ者で・・
 本来はまず自分がやりたいことがあり、
 そのうえでどう進めていくかを考えるべき
 (楠本修二郎)(p133)


■私が興味を持ったのは、
 サラリーマンから独立して
 キャリアカウンセラーを経て、
 ネイルサロンを起業した坂野さんです。


 ニューヨークでMBAを取ったり、
 戦略コンサルティングをしたり、
 独立、起業をしたり経験が豊富。


 起業時には成長レベル毎の苦労があり、
 その壁をクリアするには
 自分の成長が必要とのこと。


 もっと、お話を聞きたいと
 思いました。


・ニューヨークで暮らしてみて、気づいたことが
 2つありました。ひとつは「何歳になっても、
 自分がやりたいことをはじめていい」・・・
 もうひとつは、「人生は1回しかないから、
 ワクワクするようなことにチャレンジしたい
 ということです(坂野尚子)(p162)


■全体として、
 いかに自分のやりたいことを
 仕事に取り込んでいくのか、
 ということだと思いました。


 独立・起業という道もありますし、
 今の仕事の中に作ってしまうのも
 一つの道なのです。


 皆さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・3年後に実現していことから逆算してすべきこと
 (たとえばどこで、誰と会って、何をしていくのかなど)
 を各々計画していきます(安藤美冬)(p24)


・会いたい人に会おうと思うと、
 どうしても出費は増えます。
 でも僕は、貯金するくらいなら、
 人と会える時間にお金を払ったほうがいい
 と思います(中村貞裕)(p41)


・僕のインプット法は、主に本屋での立ち読みです・・
 読む雑誌は女性誌から週刊誌、ライフスタイル誌、
 情報誌と、手当たり次第です(中村貞裕)(p44)


・働く期間は長ければ長いほど、
 老後の生活も安定します。
 社会と関わることで、若さを保ち、
 周囲にたくさんの人が居続けても
 くれるでしょう。もちろん独立だけが
 選択肢ではありません(和泉昭子)(p101)


・もっとも効果があったのは、実は私が
 「社員を大事にします」と宣言したことでした。
 時代遅れとされていた「終身雇用」という
 言葉をあえて使って、「うちの会社は長く働いて
 くれる人を奨励します」と伝えたら、
 社員が大きく変わったのです(藤田晋)(p190)


・永川さんは大手広告代理店を退職後、
 カメラを片手に世界旅行に出かけ、
 各地で撮影した朝焼けや街中の景色を
 YouTubeで動画公開・・彼は好きな旅を
 しながら旅費を動画公開によって稼ぐという
 理想的な働き方を手に入れました(p16)


会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術
藤田 晋 安藤 美冬 中村 貞裕 楠本 修二郎 山本 由樹 坂野 尚子 和泉 昭子 村尾 佳子
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 10,667

【私の評価】★★★★☆(80点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

Chapter 1 キャリアをデザインする(安藤美冬)
Chapter 2 人脈をつくる(中村貞裕)
Chapter 3 「企画」をつくる(山本由樹)
Chapter 4 お金について考える(和泉昭子)
Chapter 5 マーケティングとは?(村尾佳子)
Chapter 6 自分サイズのビジネスを立ち上げる(楠本修二郎)
Chapter 7 人を雇って仕事をするということ(坂野尚子)
Chapter 8 起業をするとはどういうことか (藤田 晋)



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)