本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「渋谷ではたらく社長の告白」藤田 晋

(2005年7月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


●以前にレンガ職人の話を読んだことがあります。


 旅人がレンガ職人に「あなたは何をしているのですか?」と質問します。
 職人は「毎日ただひたすらレンガを積んでいるのさ。」と答えます。
 また別のレンガ職人に出会い同じ質問をしてみます。
 するとその人は、
 「俺は世界一の教会を作っているんだ!」と答えるのです。


 この話からわかるのは、同じことをしていても、
 心に大きな目的を持っている人のほうが
 生き生きと希望を持って働けるということです。


●著者の藤田さんは、大学生20歳のとき
 『ビジョナリー・カンパニー』を読んで、
 「21世紀を代表する会社をつくる!」
 という夢を持ち、行動を始めます。


・自分の夢。会社の夢。<将来、ソニーやホンダのような、
 みんなが憧れる日本を代表する会社をつくるんだ>
 20歳のとき、21世紀を代表する
 会社をつくることを志しました。(p91)


●その結果、どのような行動をとったのでしょうか。


 とりあえず、スーツを着る仕事をしようということで
 アルバイトを始めます。


 そして、就職。
 経営者になるために、
 ひたすら働き続けます。


・私は土日はもちろんゴールデンウィークも休まず、
 夏休みもとらず、一日も休まず働きつづけました・・
 しかし私は、自分の将来に対する
 先行投資だと考えていました。(p53)


●そして起業。何も分からないなかで、
 成長性のありそうなインターネットに照準を定めます。


 営業、事業発掘、採用、資金繰り、オフィス移転、
 マスコミ対策、システム開発・・・。
 ベンチャーですから、全てが手探りです。


・週に110時間働くと決めていた私たちは、
 あり余る時間を次の事業の発掘にも使っていました。
 毎日やっていたのが、インターネットでの事業プランを
 考えてみんなの前でプレゼンテーションするという、
 名付けて『毎日事業プランコンテスト』です。(p130)


●その中で、著者が頑張れたのは、
 やはり「自分の夢」
 それだけが支えだったのでしょう。


 ベンチャー企業のイメージが伝わってくる
 一冊ということで★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「将来経営者になりたいんだったら、感性を磨け。
 本を読んで、映画や演劇などをたくさん観ろ」
 「どういうのがいいですか?」「本だったら、
 カーネギーの『人を動かす』。
 これは必読だ」「はい」(p39)


・ある時、こんなことを言われたこともあります。
 「馬とフェラーリさえ買わなければ、
 あとは何やってもいいよ」・・・
 「日本は嫉妬社会だからな」(p82)


・違いはたったひとつでした。
 インテリジェンスは採用に非常に力を入れているので、
 同業他社と比べて明らかに優秀な社員が入社し、
 その社員が非常に高い士気で頑張っているのです・・
 採用力は競争力だ(p165)


・「時価総額10兆円を目指します!」・・・
 26歳。高すぎる目標設定。
 しかし、私は若く、怖いものはありませんでした。
 志は高ければ高いほどいい(p198)


・「なんとか、黒字は確保しなければとは思っているのですが・・・」
 「いいよ、そんなの。もっと中長期の経営を目指してるんだろう?」
 「はい」「だったら、自分の信念を貫けよ」(p276)


・将来の大きな目標があるのに、
 こんなところでへこたれていたら、
 どうするんだ。・・・
 仕事を始めたばかりでへこたれてなんかいたら、
 到底経営者になんてなれない(p31)


渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
藤田 晋
幻冬舎
売り上げランキング: 86261
おすすめ度の平均: 4.0
4 経営者としては・・・
4 ITベンチャーの成長記録
4 最後は気持ち、っていう感じ
5 "動くこと"のエネルギーをもらえる本です。
4 ベンチャー企業というもの

【私の評価】★★★☆☆(77点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: