本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ」メンタリスト DaiGo

(2015年9月 8日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

【私の評価】★★★★☆(86点)


■人の性格は人それぞれです。


 この本では、人の性格を
 男性脳と女性脳にわけて、
 その特性を分析します。


 男性脳は、自尊心を求め、
 女性脳は、共感を求めるのです。


・男性脳の場合は
 「自尊心のくすぐり」から入る。
 女性脳の場合は
 「共感の提示」から入る(p86)


■つまり、
 相手が男性脳なら、
 結果を認めてあげる。


 女性脳なら共感してあげる。
 

 相手によって言い方や
 アプローチを変えることで、
 うまくいく可能性が高まるわけです


・共感という特性を持つ女性脳の場合は、まず最初に上司に相談して、「その提案内容でいいと思うよ」などと共感してもらうことからスタートしたほうが、ストレスなく仕事を進められます(p107)


■性格を9つに分けたり、
 4つにわけたりする考え方がありますが、
 2つでもいろいろありますね。


 自然と相手によって
 対応を変えることができるようになることが
 理想なのでしょう。


 DaiGoさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・男性脳・・相手よりも優位に立とうとする・・女性脳・・相手と同じ立場に立ち、人間関係を深めようとする発想です(p29)


・「言ってほしい」のが男性脳で、「感づいてほしい」のが女性脳(p37)


・男性脳は目移りしない・・確実で安定した売り上げを狙うなら、ターゲットは男性脳の顧客です(p128)


・先方が男性脳の場合・・「○○部長が前回、こうおっしゃっていたのを参考にして考えてみました」・・(p169)


・口コミ・マーケティングを活用するなら、女性を狙わなければ成り立たない(p132)


・積極的な自己開示は、コミュニケーション能力の高さ(p194)


・女性脳の人に「大丈夫」と言われたら、「本当に平気?何かあったの?話してみなよ」と、言葉の裏にある本心を聞いてあげなければいけません(p218)


・先回りして過去の頑張りも一緒にほめてあげる。つまり、女性をほめる極意は、「プロセスをほめる、過程を労う」ことにあるということです(p92)


男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ
メンタリスト DaiGo
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,120

【私の評価】★★★★☆(86点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

序章 「なぜかわかりあえない」5つの正体
第1章 相手は男性脳? 女性脳?
 瞬時に見抜くテクニック
第2章 ビジネスの成果に直結する
 男性脳、女性脳別伝え方の法則
第3章 オネエ脳を手に入れて
 相手の思考を読むテクニック


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: