本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人 一生しあわせ論」舛岡はなゑ

(2015年9月 9日)|

斎藤一人 一生しあわせ論

【私の評価】★★★★☆(82点)


■日本の大商人、斎藤一人さんが
 日頃、教えていることを、
 弟子の舛岡はなゑさんに
 教えてもらいましょう。


 だれでも生きていれば、
 問題が出てきます。


 そんなときに、
 大商人はどう考えるのでしょうか?


 一人さんの教えは、
 うまくいかないということは、

 「やり方を変えるサイン

 ということです。


 だから、やり方を変えて
 問題がなくなれば、
 自分が一段階、学んだということ。


・もし、何か問題が起きたときは、
 「絶対、このことは自分にとって
  悪いことじゃないんだ」
 と、まず決めつけちゃう。(p48)


■たとえば、笑顔で、進んで
 素直に仕事をしていたとしましょう。


 基本的にはそれで大丈夫。
 仕事はうまくいくでしょう。


 ところが、世の中には、
 そうした人を利用して
 生きている人がいるのです。 


 そうした人が、
 あなたの目の前に現れて、
 あなたを困らせます。


 なぜかと言えば、
 何を言ってもやってくれる。
 何を言っても断らない。


 そういう人は素直ではあるけれども、
 自分を大切にしていない。


 そこに付け込んで、
 あなたを侮り、
 利用する人が現れるのです。


・他人のことばっかりね、いろいろ
 やってあげる人がいるんですけれど。
 それが楽しくて、やっているのならいいんです。
 でも、一歩、間違うと。・・
 誰からも、軽く見られちゃう?・・
 いいように使い回される、というか、
 大切にされない(p73)


■素直ということは、
 自分を大切にしたうえで、
 他人も大切にするということ。


 自分を卑下すると、
 それに、ぴったりの人が現れて、
 気付かせてくれるのですね。


 そのように
 一段上がると、また一段と
 気付きの修行は続くのです。


 舛岡さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「もし嫌いな人がいたら、どうします?」・・・
 どうでもいい人はいます・・・
 別に、眼中にない人っていうか。・・
 「ヤだな」って人を、ずぅーっと見てても、
 しょうがないかな、って(笑)。(p202)


・お芝居の台詞のつもりで
 「自分をゆるします
 と言おうよ、って。(p19)


・顔に「つや」がないと、なにをやっても、
 なぜかウマくいきません。
 でも、「つや」がある顔は、・・
 しあわせなことを引き寄せる、
 いい人相なんです(p122)


・「勝手に自分だけ、しあわせになりな」・・
 周りはあなたに自分を合わせてくるの。
 あなたにつられて、
 しあわせになってくるんです(p138)


・つらい気持ちがしてる、ということは、
 「間違ってる」という、天の声。・・・
 必ず自分の魂の成長になって、
 人生がウマく行く、チャンスなんです(p158)


・自分がしあわせでなかったら
 "愛と光と忍耐"でいるって、
 できないんですよ。
 自分が不幸なとき、
 他人にやさしくはできづらいんです(p68)


斎藤一人 一生しあわせ論
斎藤一人 一生しあわせ論
posted with Amazonアソシエイト at 15.09.08
舛岡はなゑ
ロングセラーズ
売り上げランキング: 160,309

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1 自分をゆるす。
2 言葉が人生を創る
3 自分を大切にする、ということ。
4 他人のしあわせを願う。
5 見た目が変わる、人生が変わる。
6 苦労は間違い
7 なにがあっても、ついてる!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: