「「ほめない子育て」で子どもは伸びる」岸 英光

|

「ほめない子育て」で子どもは伸びる

【私の評価】★★★★☆(81点)


■この本では、
 子どもは「ほめる」のではなく、
 「認める」のがいいという。


 子どもは「ほめる」と、
 「ほめられ」ようとします。


 つまり、自分の価値観ではなく、
 他人の価値観で行動する人間に 
 なってしまう可能性があるのです。


・子どもをほめて育てると・・・
 「いい子」でいようとするあまり、
 いつも「ママはどう思っているのかな?」などと、
 大人の顔色をうかがう子どもになっていきます(p17)


■だから、「ほめる」のではなく、
 「認める」のがいいという。


 「認める」とは、
 事実を受けとめ、
 本当の気持ちを伝えること。


 つまり、事実に対して、
 こうありたいという未来のイメージがあり、
 そこに自分の感情があるということです。、


 単に相手を評価するわけではないのですね。


・お父さんね、マサトにはステキな大人に
 なってほしいと思っている(意図)。
 今回、お母さんを助けて(おこなった行動)、
 そんな子に育っているとわかって(その影響)
 誇らしいよ(本当の気持ち)」(p60)


■「ただ、相手を受け取る」というのは、
 わかっていても難しいもの。


 実践でやってみるしかないのでしょう。


 岸さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・子どもの気持ちをそのまま受け取ることが大切です・・・
 うれしそうだったら、「うれしいんだね」と
 そのまま言葉を返します(p91)


・「よく勝ったな。えらいぞ」・・・
 「えらいぞ」も具体性のない言葉です。
 また、勝てばえらい。では、負けたらどうなのか。(p95)


・ほめて育てられた子どもたちは、
 ほめてくれる人たちのいる
 狭い世界でしか生きていけなくなり・・・(p17)


・「意図的メッセージ」は、次の4つの要素から構成されています。
 1 意図(「こうあってほしい」・・という気持ち、背景、ビジョン)
 2 起こったことや、おこなった行動(具体的事実)
 3 その影響(具体的影響)
 4 ほんとうの気持ち(p58)


ほんとうの気持ち・・・自分の子が迷子になったときに・・・
 ちゃんとついてきてくれると「期待」していて、
 急にいなくなってしまったので「とても心配で不安」で、
 事故にあったか誰かに誘拐されたかと思うと「恐ろしく」て、
 こんな思いをしなくてはならなかったことが
 「とっても苦しくて悲しい」ことだったからですね(p64)


・将来どんな人間に育ってほしいのか、
 「子育ての哲学」をもって、
 それを子どもに示していきましょう(p121)


・うまくいかなかったとき「なぜ?」と問いただすのはNGですが、
 うまくいったとき、できたときこそ、
 「なぜ?」
と聴きましょう。(p98)


「ほめない子育て」で子どもは伸びる
岸 英光
小学館
売り上げランキング: 61,187

【私の評価】★★★★☆(81点)

■目次

第1章「ほめる」っていいことなの?
  ―「ほめる」ことで子どもが壊れていく
第2章 「認める」言葉のパワー
  ―「認める」声かけで「生きる力」がつ
第3章 「認める」声かけのレッスン
  ―「Iメッセージ」のつくり方
第4章 大人だって「ほめる」より「認める」
  ―自然とコミュニケーションがうまくいく


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)