本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「悩んでばかりの自分から抜け出す方法」岸英光

(2014年4月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

悩んでばかりの自分から抜け出す方法

【私の評価】★★★★☆(86点)


■プロコーチが教える不安への対処法です。


 世の中には、不安から新しいことに
 挑戦できない人がいます。


 大勢の人の前で
 緊張しすぎて失敗する人もいます。


 こうした不安にプロコーチは
 どう対処するのでしょうか。


・不安からのメッセージ・・・「ね、準備しておくべきこと、まだあるよ」(p80)


■岸さんが教えるのは、
 不安というものは、あって当然、
 ということです。


 新しいことに挑戦しているのだから、
 不安なのは当然だ。


 不安だから、
 しっかり事前に準備しよう。
 (準備してきた)


 準備はできた。
 怖いけど、さあ、行こうか、
 という感じです。


・スポーツの試案や発表会などの本番直前には、多くの人が、不安や心配を感じます・・・実際に私も講演の前は、「あ、今日も不安があるな」、「緊張してるな」、「よし、行こう」という感じで、演壇に向っています(p159)


■不安に対しては、
 徹底的に準備すること。


 「ここまでやったんだから、
  できてもできなくてもオレは満足だ」


 これくらい準備できれば、
 失敗することはないでしょう。


 岸さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「不安になったら、まず、人に話す」・・・「あれもできるよ、これもできるよ、 こんあのもあるんじゃないの」、と、様々な可能性を開いてくれる相手を選ぶ(p164)


・親子の話・・・「ああ、怖いんだあ。そうねえ。・・・でも、それだけ?」・・・「うん、それだけ!」「そう。でも大丈夫よ、怖いだけだから!」(p48)


・「してもいいし、しなくてもいい」と考える(p105)


・「なぜ、できなかったんだ」ではなく、「次、どうしようか」と考える(p114)


・不安や恐怖と向き合っています「はねのける」のではなく、「まず受け止める」(p130)


・不安に支配されるのではなく、不安を「自分で持っていく」(p158)


・あなたのことを苦しめたり、のしかかって動けなくする、「不安くん」とでも名づけて目の前の椅子に座らせてください。そして、あなたの言い分を全部受け取ってもらってください。


・実は本当に困るのは、準備しなくても、よい結果が出た場合です(p80)


悩んでばかりの自分から抜け出す方法
悩んでばかりの自分から抜け出す方法
posted with Amazonアソシエイト at 14.04.24
岸英光
日本実業出版社
売り上げランキング: 38,137


【私の評価】★★★★☆(86点)



■目次

第1章 不安はなぜ生まれるのか?
第2章 不安からのメッセージの受け取り方
第3章 不安や心配をムダに大きくしないコツ
第4章 「不安」のブレーキの外し方
第5章 不安になったとき心を鎮める方法
第6章 不安を前進に変える3つの力


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: