「「独創力」で日本を救え!―国際化のための逆転の発想」糸川 英夫

| コメント(0) |

「独創力」で日本を救え!―国際化のための逆転の発想

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■戦闘機「隼」を設計し、
 その後、ロケット開発に尽力した糸川さんの一冊。


 もちろん、小惑星イトカワは
 糸川先生にちなんだもの。


 糸川先生が警鐘を鳴らすのは、
 日本の独創力不足です。


外国の政策審議会は、
 実に十数か国の人々によって構成されている

 ところが、日本の政府の審議会の場合は、
 メンバ-のすべてが日本人というのが当たり前の
 ようになっている。(p39)


■独創力の点で、
 日本人が学ぶべきはユダヤ人です。
 知恵と独創力で生きのびてきたユダヤ人。


 このユダヤ人の考えるための仕組みが、
 週1日の安息日と、
 六年の一度のシャバットなのです。


 シャバットでは、なんと一年間、
 どんな仕事もしてはいけないという。


 完全休息しながら、
 頭を働かせるということなのでしょう。


・原点から断ち切り、新しい発想を生むためには
 一年くらいの休みは絶対に必要である・・・
 悲しいかな、週に一日の完全休息さえとれないというのが、
 日本の現実なのである(p35)


■確かに、なにもせず考える時間を作ることが
 大事であると思いました。


 しかし、実際にそうした時間を作るのは難しい。
 自分の習慣の見直しが必要なようです。


 糸川さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・イスラエルでは、それぞれが異なった意見を述べあうが、
 NOということ、すなわち批判することが全くない。
 子どもたちは、ほかの子供たちのさまざまな意見の中から、
 自分がよいと思う考えを吸収していく・・・(p61)


・日本人が努力しなければならないのは、
 単なる発想をシステム思考にまで高めていく訓練を積むことだ。
 そして、人間同士の組織をいかにつくり、いかにそれを
 持続させるかということにかかっている(p79)


10人が10人とも景気がよくなるというようなときが、
 いちばん危険
・・
 景気の見通しがよいと世の中が口をそろえて叫ぶときは、
 いままでの経験法則からいっても必ず逆の現象が起きる・・
 (1990年の)日本のNTTのPERを計算してみると、
 アメリカ企業よりも一桁大きいという、
 信じられない数字になっている(p115)


・日本人は過去を消しゴムで消して
 忘れられる民族であるけれど、
 欧米とかアラブ、イスラエルの人たちは、
 "記憶の民"といわれるほど、何千年前のことまで、
 克明に記憶する民族である(p15)


・マサダ要塞・・・ローマ軍が、
 自分たちのいる山上にまで
 攻め込んでくる日がやってくる。・・・
 ユダヤの人々は決議によって、
 岩山の上で全員自殺を遂げてしまう。
 西暦73年のことである・・・
 全員が自殺するような状況になる前に、
 敵を事前にたたけと教え込むのであろう(p55)


「独創力」で日本を救え!―国際化のための逆転の発想
糸川 英夫
PHP研究所
売り上げランキング: 790,518

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

1 新鎖国主義のすすめ
2 シャバットのすすめ
3 モデレーター・ジャパン
4 独創教育とはなにか
5 反面教師としての平賀源内
6 夢は科学の原動力
7 能とイマジネーション
8 快適さの追求ばかりが科学ではない
9 カラオケ亡国論
10 乃木希典とナショナル・アイデンティティ
11 テクノ・エコノミー社会からの脱却をめざそう
12 親殺しは日本的現象だ
13 伝統農業からのデセンター


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)