本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「カネに死ぬな掟に生きろ」宮崎学

(2013年10月21日)|

カネに死ぬな 掟に生きろ

【私の評価】★★★★☆(81点)


■子どもの世界では、イジメが問題になっていますが、
 大人の世界では、どうなのでしょうか。


 大人の世界は実力次第。


 お役人の世界を除いて、
 この世の中はお金を基準とした
 資本主義経済という競争で成り立っているのです。


 そうした金の世界で、
 何十億円の借金を背負いながら生きてきた 
 ヤクザな男の考え方を学びます。


・何も、カネのことなんかで死ぬことはない
 返せないカネなら踏み倒せばよい。
 大丈夫だ。なんとかなる。
 どっこい、わたしもそうして生きている。(p79)


■サラリーマンの世界も厳しいですが、
 オーナーの世界も、
 ヤクザの世界も厳しいものです。


 金がかかると、人間変わります。


 どの世界でも「倍返しだ!」と
 言えないヤツは、
 どこまでもババを引くことになるのでしょう。


・被害者や負け犬になったらあかん。
 やられたらやり返せ(p42)


■ヤクザの世界も、「半沢直樹」も
 似ていると感じました。


 楽に流されて生きるのも一つだが、
 負け犬になる。


 言いたいことを言えば、
 戦わなければいけない。


 それを判断するのは自分なのです。


 宮崎さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・言いたいことを我慢せずに口に出すというただそれだけのことで、
 人間は気持ちよく生きられる。
 腹が立ったら、そのときすぐに怒ればいいのだ(p28)


・男と男がにらみ合ったとき、
 どちらがその場の主導権を握るかは、 
 出会い頭の一瞬の気迫にかかっている。(p198)


・カネを貸さずに殺された奴はいても、
 返さないで殺された奴はいない(p80)


金持ちを羨ましがるな。敵を怖がるな
 いまここにこうして生きている自分だけでええやないか。
 日本は戦後五十年、金持ちになったけど、アホになった。
 アホに未来はない。(p238)


・男には、外で戦ってカネを稼いでくる宿命が待ち受けている・・・
 男はバカだから、おだてられれば木にも登る。 
 殊勝な笑顔で声援をおくりつつ、男を高くまで登らせるのが、
 女の知恵の見せ所である。(p259)


・結局のところ人生の喜びは、
 感性の共通した人間と、
 どれほど知り合えるか、どれだけ一緒に
 遊べるかという点にかかっている気がする。(p272)


・もともと日本の市民運動は、左翼セクト
 活動のすそ野を広げるために作り出したいきさつがある。
 言ってみれば、党派性を誤魔化し、参加者への
 違和感を取り除くために敷居を低くしたのが
 市民運動の出発点なのだ。
 原理的に見て、これはやはり汚い方法論だと批判しておきたい(p167)


・狙撃されたとされる警察庁の国松長官は、
 自宅である荒川区の高級マンションの前で撃たれた。
 そのマンションの時価相場は一億二千万円だった。(p51)


カネに死ぬな 掟に生きろ
カネに死ぬな 掟に生きろ
posted with Amazonアソシエイト at 13.10.20
宮崎 学
徳間書店
売り上げランキング: 1,121,270

【私の評価】★★★★☆(81点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


■目次

第1章 男は闘う動物である
第2章 カネより大切なもんが世の中にはあると知れ
第3章 市民社会にツバを吐け
第4章 ケンカに勝つ方法を教えたろ
第5章 仲間と女がいるから闘えるんや

メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: