本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「部下のやる気を引き出す 上司のちょっとした言い回し―聞き方・褒め方・頼み方・伝え方・叱り方...すぐに使える150フレーズ」吉田 幸弘

(2013年9月21日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

部下のやる気を引き出す 上司のちょっとした言い回し―――聞き方・褒め方・頼み方・伝え方・叱り方...すぐに使える150フレーズ


【私の評価】★★★★★(92点)


■やたらに長いタイトルだな・・・
 と思いながら読み始めた一冊。


 おっと、意外に使えるかも。


 相手のやる気を引き出す言い方が、
 ○と×で150。


 具体例があるのでわかりやすい。
 コーチング流会話術だなと感じました。


・×「なぜ、終わっていないの?」・・・
 ○「いま、どれくらい仕事を抱えている?」(p144)


■ビビるのは、自分が使っているような
 言い方があるときですね。


 ×これをやってくれ⇒○一緒にやってくれるかな
 ×なぜできない⇒○何か困ったことはない
 ×まだまだだな⇒○前より良くなったね


 相手を否定するようなことを言わなくても、
 言いたいことは伝わるのです。


 その根底には、
 相手の悪いところを見るのではなく、
 相手の良いところを見るという
 思想があるように感じました。


・×「いつになったら、独り立ちしてくれるんだよ。A君とはだいぶ差がついたな」
 ○「以前のときより取り組みが早くなったね」(p115)


■「よくわかるよ」「それは困ったね」と
 寄り添う言葉も大事。


 相手を否定するのではなく、
 常に良い言葉がでるように
 訓練が必要だと感じました。


 この年になって、
 日本語の話し方の練習が必要となるとは・・・。
 修業が足りませんね。


 吉田さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・×「何やっているんだ!・・・」
 ○「大変だったね。報告ありがとう。詳しく聞かせてくれないか」(p21)


・×「なんで、間に合わないんだよ」
 ○「何か、困ったことがあった?」(p146)


・×「部長がダメだって」
 ○「私はいいと思ったんだけど、この部分を納得してもらえなかったようだ。代替案を一緒に考えてみようか」(p84)


・×「何か、意見はないかな?」・・・
 ○「1つだけ挙げるとしたら」
 ○「もしも君が僕の立場だったらどうするか、教えてくれるかな」(p26)


・×「何か、文句あるのか」・・
 ○「納得していないようだけど、意見を聞かせてくれないか」(p192)


・いつも短い期間でいい企画書をつくってくれるから、伊藤君にはホント助かっているよ。ところで、先ほど業務部長から、『伊藤君が最近、作業指示書を出すのが遅い』と少し怒り気味の連絡が来たけど・・(p218)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(92点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

序章 まずは、ポジティブ思考から始めよう
第1章 部下が話しやすくなる相槌の打ち方
第2章 部下の言いたいことを上手に引き出す聞き方
第3章 部下のプライドをくすぐる上手な褒め方
第4章 部下が気持ちよく動いてくれる頼み方
第5章 部下を立ち直らせる励まし方
第6章 部下にやる気と気づき与える伝え方
第7章 部下が行動を改善してくれる効果的な叱り方
おわりに


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: