本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方」嶋田 有孝

本のソムリエ 2013/09/20メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方


【私の評価】★★★☆☆(72点)


■上司の役割として、
 あるべき姿に向って部下を指導していく、
 ということがあります。


 そうする中で、間違っていれば、
 間違っていると教えてあげることが
 必要になります。


 人はそれを、"叱る"と表現します。


できていない部分を指摘することによって、相手にそれを気づかせ、『成長』という化学反応を起こさせる(p34)


■ルールが存在しても、
 ルール無視が放置されていれば、
 無法地帯になってしまいます。


 ルールを守らせるのが上司の役割
 だからいって、
 頭ごなしに叱る必要はありません。


 「こうしてくださいね」と言ってもいいし、
 「一緒に直しましょう」と
 言ってもいいのです。


・上司が見て見ぬフリをして、叱ることから逃げると・・・指導力を問われ、周囲の信頼を失います・・・職場の人間関係には乱れが生じ、チームワークが悪くなります(p27)


上司としての役割を演じ切ることが、
 職場ドラマを良くしていくことになるのでしょう。


 その中で"叱る"ことがあるかもしれない。
 あなたの演技はどうでしょうか。


 嶋田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・本当は、部下の欠点を放置して改善しないほうがかわいそうなのです(p16)


部下が指示通りに動くのは三割・・・部下がきちんとやり遂げてくれたら「ありがとう。お疲れさま」と感謝できるようになりました(p127)


・叱ったときに無視したり、反抗したり、舌打ちしたりする部下がいます。・・・「その態度は何だ」・・「こっちへ来なさい」と別室に連れて行き、一体一で厳しく叱りましょう(p80)


・リーダーになる前は、成功とはあなた自身が成長することだった。ところが、リーダーになった途端、成功とは他人を成長させることになる(ジャック・ウェルチ)(p38)


・私は声の大きさ、トーン、タイミング、頭の下げ方など挨拶の基準を作り、それを社内に周知させました。(p65)


ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方
嶋田 有孝
PHP研究所
売り上げランキング: 19,519


【私の評価】★★★☆☆(72点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

序章 言わなければならないことをビシッというのが上司の仕事
第一章 ビシッと言うには技術がいる
第二章 言い訳する部下、反抗する部下、逃げる部下をどう叱るか
第三章 何のために叱るのか、それは組織と部下の成長のためである
終章 叱っても愛される上司になる


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: