本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」中村 仁一

(2012年1月28日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■老医師による大往生のための提案です。


 つまり、年をとったら
 延命治療はするな
 ということ。


 現代の医療でも完治
 できない病気があります。


 年を取ってそうした病気になったら、
 自然に死を迎えるのがいい。


 延命治療をすることで、
 若干の延命と引き換えに
 地獄が待っているのです。


・「できるだけの手を尽くす」が、「できる限り苦しめて、たっぷり地獄を味わわせる」とほぼ同義になっている(p78)


■しかし、日本の現状は、
 延命治療が常識になっていることに
 著者の苦悩があるようです。


 介護においても、
 無理やり食事を食べさせたり、
 栄養チューブを鼻から突っ込む。


 親切のつもりが、
 人によってはありがた迷惑
 ということもあるのです。


・無理やり飲ませたり食べさせたりせず、穏やかな"自然死"コースにのせてやるのが本当の思いやりのある、いい"看取り"のはずです(p56)


■今のうちに自分の死を
 考えておく必要があるようです。


 ボケてしまったら、
 無理やり延命治療されかねない。


 医師による医療への箴言に、
 びっくりしました。


 私が老人になった頃には、
 常識が変わっているといいな、と思いつつ、
 中村さん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「自分の死」を考えるのは、「死に方」を考えるのではなく、死ぬまでの「生き方」を考えようということなのです(p148)


・老化にもっともらしい病名をつけ、発達した医療に頼れば何とかなるように煽り、期待を持たせます。下手に、「年をとればこんなもの」と覚られようものなら、病院は潰れ、開業医は夜逃げを余儀なくされ、医療関係者の失業者が町に溢れます(p171)


・点滴注射や酸素吸入は、本人が幸せに死ねる過程を妨害する以外の何ものでもないと考えていますので、私は原則として、行いません(p73)


・繁殖を終えて、生きものとしての賞味期限の切れた「還り」の途上にある年寄りには、もはや、早すぎる死というものは存在しない・・・あまり「がん検診」などに近寄らない方が得策(p106)


・抗がん剤が「効く」として採用、承認される基準があります。それは、レントゲン写真など画像の上で、がんの大きさ(面積)が半分以下になっている期間が4週間以上続くこと、そして、抗がん剤を使った患者の2割以上がそういう状態を
 呈すること・・8割もの患者が反応しないようなものが、薬として認可されるなど、他では考えられません(p110)


年寄りに「過度の安静」はご法度・・・骨折で入院して骨はつながったのに寝たきりになった・・修繕に出す前より、状態が悪化しているのですから。こういう状況で、代金を請求して引取りを強要できるのは医療界だけなのではないでしょうか。(p185)


・医者にかからずに死ぬと「不審死」になる・・・そのまま自宅で亡くなると、「不審死」ということで警察が入って厄介なことになるので、至急、往診医を探すようにと助言しました(p118)


大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
中村 仁一
幻冬舎
売り上げランキング: 16672

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: