「論理的に考える私の方法」出口 汪

|

カリスマ受験講師の論理的に考える、私の方法―「自分の頭」がもっと賢く使える! (知的生きかた文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


■塾講師が教える論理的な
 本の読み方です。


 小説などであれば、
 場面をイメージしながら
 ただ読めばよい。


 一方、論文などは
 文章を読みますが、
 全体の構成を考えながら読むと、
 論理的な読み方になる。


・論理を重ねて読んでいけば、もっと速く、正確に読める・・・
 これが筆者の主張で、これはその具体例、次は引用で、
 さらに比喩を使って同じことをくり返しているのだ」
 というように論理構造を押さえていくのだ(p83)


■では、私はどうやって読んでいるのかな、
 と再確認してみると、
 それほど構成は考えていないようでした。


 ただ、文書を書くときには、
 構成というか、自分の型を認識することで、
 短時間にそれなりの文章を
 書くことができるようです。


 「文章を書くなら論理的な構成を意識する」
 私も注意してみたいと思います。


 出口さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「他人の考えを盗むこと」が
 知識を広げる早道(p175)


・私は鴎外によって、学ぶとはどういうことかを知った。
 ・・・鴎外がわかるということは、同時に漱石
 わかるということだったのである。
 さらに、漱石がわかるということは、
 芥川がわかる(p217)


・本を読むことによって、絶えず論理的思考を維持でき、
 しかもさまざまな話題を吸収できる。
 世界をさまざまな角度から俯瞰的にとらえ、
 より多くの情報から、
 的確な判断が下せるようになる(p53)


・書いた文章を人に読んでもらう・・・ 
 鍛え上げた頭を、
 そろそろ誰かに披露してみよう(p172)


【私の評価】★★☆☆☆(64点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)