本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「会社再建3つの戦略」高塚 猛

(2011年3月31日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社再建3つの戦略―固定費の変動費化・リピートの仕組みづくり・個へのアプローチ

【私の評価】★★★★☆(83点)


■ホテルの再建に辣腕をふるった
 高塚さんの一冊です。


 後年、調子にのってしまったのか、
 わいせつ罪で有罪となってしまいましたが、
 経営者としては一流だと思います。


 福岡ドーム、シーホークホテルでは、
 年間44億円の赤字を
 15億円の黒字に転換させました。


・赤字であることは、恥ではない。
 赤字を直そうとしないことが恥なのだ(p2)


■高塚さんから学ぶことは数多くあるのですが、
 まず、現場に合わせた戦略を示していること。


 福岡ドームとシーホークホテルの経営では、
 利益率の高い婚礼・宿泊へ営業努力を集中させる


 営業も社員全員で目標を設定して、
 個人の関係も利用した
 全員営業をしています。


・ホテル経営の大切な三原則として、
 「固定費の変動費化・リピートの仕組みづくり・
  個へのアプローチ」(p69)


■もちろん小さな改善も積み上げて、
 組織として成果を出すよう
 従業員への働きかけにも
 力を入れています。


 人間、やる気があれば、
 打つ手は無限にあるのだな、と
 感じさせてくれる一冊でした。


 高塚さん、
 よい本をありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・空いている日に「遊休設備の有効活用」ということで
 どんどん活用すれば、固定費の変動費化が図られて
 お客様も得をしたと思っていただける効果があるし、
 利益が生まれやすくなるわけです。(p4)


・たとえば、ワンデイ・クーポン券のような野球券と
 リラクゼーション施設のソトコトクラブとソフトドリンク、
 といったように新たに原価の発生しない商品
 発生したとしても原価の小さい商品を組み合わせる
 ことによって、お客様には単品で売るより
 ずいぶんリーズナブルな商品に変えることができます(p56)


・シーホークホテルでは「人」という固定費を変動費に
 変えるという発想を実践しています。たとえば普段は
 野球の年間予約席を販売し、土曜日の夕方の込み合う
 忙しい時間だけフロントの仕事を手伝ったり、レストラン
 や宴会のサービスを手伝うというやり方です(p184)


・できる限りクイックに上司に連絡を取らなくてはなりません。
 私どもは「やらないで機会を逃すよりは、まず行動を
 起こしてから軌道修正していこう
。積極的に行動した
 結果招いた失敗は歓迎しよう」と、常々心がけてきました
 ・・それこそ24時間上司に電話がかかってきます(p147)


・打った作戦は、それがどのように対象に受け止められて
 いるか、こちらが狙った目的に合う効果が出ているかを
 検証して、うまくいっていなければなぜうまくいかないかを
 考え、やり方を改善していくことが大切です(p94)


・ちなみにお客様に声をかける場合は
 「初めてですか?」と聞かないで、
 「何回目ですか?」と聞くようにすべきです(p57)


【私の評価】★★★★☆(83点)


■著者紹介・・・高塚 猛(こうつか たけし)

 1949年生まれ。リクルート入社。
 福岡営業所長、大阪支社営業課長、関連事業準備室課長、
 就職情報事業部次長、住宅情報事業部次長を歴任。
 29歳で岩手観光ホテル(現・岩手ホテル&リゾート)の取締役総支配人。
 1999年よりホークス球団、福岡ドーム、ホークスタウンを
 年間44億円の赤字から15億円の黒字に転換。
 社員への強制わいせつが発覚し同容疑で逮捕され、
 執行猶予の判決を受けた。
 現在、株式会社真珠苑の取締役会長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

ひどいことやっていたんだけどね。後年とか恥ずかしい感想だこと。


同じカテゴリーの書籍: