本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「悪の論理"で世界は動く!~地政学--日本属国化を狙う中国、捨てる米国」奥山 真司

(2010年3月27日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■「地政学」について
 教えてくれる一冊です。


 「地政学」とは、
 国家の戦略思考とでも
 言うものでしょう。


・中国は単に、企業による純粋な経営戦略のために
 日本企業を買収しているのではない。その背景には、
 国家戦略として「日本のすぐれた技術を手に入れる
 という「トップ・ダウン方式」の意図がある(p81)


■アメリカは自由経済、民主主義を輸出し、
 米ドルを基軸通貨として市場を広げていく。


 中国は、経済発展を利用して、
 台湾を取りこみ、
 太平洋西側を押さえていくということです。


 その先には、沖縄があり、
 アメリカの軍事基地が
 そこを押さえています。


・仮に中国が本気で(沖縄の)独立を画策するとしたら、
 第一弾として、沖縄の企業や土地などに投資してくるだろう。
 次に、中国系の資本を進出させ、経済を握る。
 すると、中国人がたくさん定住する・・・(p130)


■それに対して日本は、
 これまでどおり日米同盟を維持していくのか。


 それともアメリカの軍事基地を
 日本から排除して、中国の属国として
 生きていくのか、それとも軍事的にも
 政治的にも独立を目指していくのか、
 それが国家戦略なのでしょう。


民主党は外国人参政権の導入にも意欲的である
 戦略的な視点で見ると、実は中国にとって非常に都合のよい、
 そして日本にとっては沖縄を失う可能性がきわめて高い、
 非常に危険な政策だということが一発でわかる(p142)


■日本ではあまり地政学について語る人が少ないので、
 入門書としてよろしいのではないでしょうか。


 奥山さん、よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アシモに銃を持たせたら「ターミネーター」が
 完成してしまう。(p70)


・この漁船は軍事訓練を積んだ戦闘員が乗船し、
 武器を隠し持って軍事作戦を行っている
 「海上民兵」という中国のゲリラ部隊で、
 漁船を装いながら近づいて人を送り込み、
 さまざまな非正規活動をしている部隊である(p138)


・主なチョーク・ポイント・・・
 本当にコントロールしなければならない
 決定的に重要なものは、
 パナマ運河、スエズ運河、マラッカ海峡
など、
 ほんの二、三か所しかない。(p104)


奥山 真司
フォレスト出版
売り上げランキング: 11245
おすすめ度の平均: 3.5
5 日本を変える素晴らしい本
1 地政学の若手第一人者の著作として非常にがっかり
5 30年前のベストセラーを暗示?
3 ―それにしても、表紙怖いよね・・・。

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■著者紹介・・・奥山 真司(おくやま しんじ)

 1972年生まれ。
 英国レディング大学院戦略学科博士課程在籍中。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: