本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「自分づくり」の法則―他人に"心"を支配させるな」加藤 諦三

2009/12/18本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分づくり」の法則―他人に

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■加藤さんの多くの著書は、
 自分の感情に素直になりましょう、
 ということを紹介しています。


 他人の期待に合わせたり、
 社会の常識に自分を合わせることは
 義務ではないと教えてくれるのです。


・期待されたことを義務とカン違いするな(p110)


■しかし、この世の中に
 人の期待を裏切らないために
 自分の気持ちを押しつぶしている人の
 いかに多いことか。


 加藤さんは、世の中を観察してみると、
 他人に好かれようとする人は、
 他人に好かれるわけではないよと
 教えてくれます。


・相手に好かれたい、重要と思ってもらいたいと、自分をいつわってまで頑張るのだが、相手は喜ばない・・・逆に、自分が本当にやりたいことを思う存分やりながら、皆に好かれている人もいる。(p73)


■世の中には、他人に好かれようとして不幸になり、
 そうした自分の基準を他人にも適用して
 批判する人が存在します。


 大切なのは、
 そうした事実を知ることでしょう。


・私から見ると、親父は不幸なように見えた。そして、自分の不幸をいやすために、他人も不幸でなければならなかった。(p130)


■最終的には、自分に正直ということに
 なるのですが、
 これがまた難しい。


 いかに自分を確立するか。
 自分を認めることができるか。


 私は、何か自分の好きなことに
 打ち込むしかないと考えています。


・この人生で大切なことは、自分に正直ということである。私は、自分の二十代を振り返って、自分に正直でなかったと思う。(p176)


■非常にまじめな本で、とっつきにくいのですが、
 良いことを書いていますので、
 ★3つとしました。


 良い本をありがとうございます。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・それにしても、なぜそんなにほめられたいのか?その点をはっきりさせることが大切である。(p3)


・いかにも豪放らしく振舞うのは、自意識過剰だからであろう。いかにも温かそうに振舞う人も、自意識過剰で心の冷たい人である場合が多い。・・・平凡なことが、実は大変難しいことでもある(p32)


・うつ病者の病前性格の特徴のひとつは、八方美人ということである。(p93)


・自己形成には、安心感が必要である。
 そして、自己のある人は、安心感を持っている。・・・
 従って、少々のことではカーッとなったり、
 絶望したりはしない(p123)


・嫌いなことは嫌い。楽しくないことは楽しくない。それを自分に一度はっきりさせることであろう。自分の汚い欲望―あいつをなぐりたい、あの人をけとばしたい、・・・をはっきりと自分の眼の前につきつけることである(p148)


・自分の欲求、つまり自分は何が好きか、本を読むのが好きか、外でとび回っているのが好きか・・・ということが大切なのである。自分の適性が運転席に座っている。それが自己実現した人間である(p155)


・自分の自分に対する期待をもった人は、ただ全力を尽くす・・・しかし、他人の期待の重圧にさらされている人は、当然、失敗を怖れる。力が出しきれない。(p164)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(78点)



■著者紹介・・・加藤 諦三(かとう たいぞう)

 1938年生まれ。早稲田大学教授。バーバード大学ライシャワー研究所研究員。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: