「過剰管理の処方箋」金井 壽宏、岸良 裕司

|

過剰管理の処方箋 自然にみんながやる気!になる

【私の評価】★★★★☆(80点)


■最近、特にお役所関係ですが、
 論理的には正しいように見えて、
 しかし、現実には合わない規制をかけて、
 業界が大混乱している事例があるようです。


 どうしてそうしたことがおこるのかといえば、
 お役所が現場を知らないというだけでなく、
 自分の責任を減らすことだけを考えていることが、
 原因ではないのでしょうか。


 この本では、そうした己かわいさから
 管理を強化してしまう人を、
 「心配過剰菌」に感染していると表現しています。


■この「心配過剰菌」を普通の「心配菌」に
 戻すコツは、「任せて任せず」です。


■まず、「任せる」にあたっては、
 仕事の目的と目標を明確にします。


 その仕事の大切さをちゃんと伝えて、
 「君にやってもらいたいんや」と
 任せるわけです。


  ・松下では・・・上司は部下にかませたからといって
   放任するのではなく、要望はちゃんと追及する。
   また、任せる前にはミッションをちゃんと伝え、
   仕事に込められた思いや志を部下に理解してもらって、
   使命感をもって取り組んでもらう。(p108)


■「任せず」のところでは、
 例外により管理します。


 つまり、本人の手に余ることが出てくれば、
 上司が出て行き、責任は上司が取るわけです。


■本書は、「管理」というわかったような
 わからないようなものを掘り下げようという
 意欲的な一冊でした。


 しかし、結局は、松下幸之助の「任せて任せず」に
 行き当たるとは、経営とは難しいものです。


 本の評価としては、意欲策ということで
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・松下幸之助の数々の名言の中に
   「任せて任せず」がある・・・
   私のような凡人には、「任せて任せず」の
   さじ加減がいっこうにわからず、
   実践するのも難しい。(p30)


  ・実際に「見える化」を実施している現場の多くでは、
   より窮屈になったという話をよく聞く。(p32)


  ・「例外による管理」という考え方を実践するには、
   「何をもって例外であるか?」
   という基準が必要である。(p149)


▼引用は、この本からです。

過剰管理の処方箋 自然にみんながやる気!になる
金井 壽宏 岸良 裕司
かんき出版
売り上げランキング: 930
おすすめ度の平均: 5.0
5 管理に疲れた「上司」の方へ
5 「管理」をするかたは、ぜひご一読を。
5 やる気になるけど、精神論では無い、実践書

【私の評価】★★★★☆(80点)



■著者紹介・・・金井 壽宏(かない としひろ)

 1954年生まれ。78年京都大学卒業。
 80年神戸大学大学院修了。
 89年マサチューセッツ工科大学博士(経営学)
 92年神戸大学博士(経営学)


■著者紹介・・・岸良 裕司(きしら ゆうじ)

 1959年生まれ。
 ゴールドラット・コンサルティング・ディレクター。
 日本TOC推進協議会理事。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)