「幸福への原点回帰」鍵山 秀三郎、塚越 寛

|

幸福への原点回帰

【私の評価】★★★★★(91点)


■イエローハット創業者の鍵山さんと、
 寒天製造の伊那食品の塚越さんとの対談です。


 イエローハットは売り上げ800億円企業、
 伊那食品は売り上げ150億円企業となっています。


■お二人の対談を聞いていて感じるのは、
 経営には、( 王道 )があるということです。


 ここで言う( 王道 )とは、
 会社を社会の役に立つ組織にしようという意志です。


 ・私は創業時から「大きい会社にしよう」と思っていたわけでは
  ありませんでした。そうではなく、「存在することそのものに
  意義のある会社にしたい
」と思ってきました。(鍵山)(p104)


■そうした経営者の意志が、
 従業員に伝わり、社風が作られていくのでしょう。


 鍵山さんは「掃除」で有名になりましたが、
 「掃除」はその意志から出た一つの行動であり、
 その一部分なのです。


 ・掃除さえしていれば、経営も人生もすべてうまく行くというほど、
  世の中は単純ではありません。・・・トップが率先して掃除を毎日
  ことこつと続けることによって、謙虚でおだやかな人間性が育まれて
  気づきがよくなり、身辺が整理整頓されてきます。(鍵山)(p5)


■読み終わって家の掃除をはじめました。


 朝の習慣に、公園のトイレ掃除をするのもいいかもしれない。


 学ぶべき点が多い一冊でしたので、★5つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・初めのころは、私がトイレ掃除をしている脇で平然と用を足す社員や、
  階段を拭いている私の腕を無言で飛びこえていく社員ばかりでした。
  ・・・10年を過ぎた頃から、社員が一人、二人と私の心を察し、
  いっしょに掃除するようになりました
。(鍵山)(p22)


 ・当時最大のお得意先だった大手スーパーから法外な値切り要求を
  受けました。・・・結局、このお得意先には「取引をやめさせて
  いただきます」ときっぱりと宣言しました。(鍵山)(p77)


 ・私利私欲が根底にある行為は、発端がどんなに小さなことであっても、
  そのマイナス作業が次なるマイナスを呼び、それらが積もり積もって
  大きな悪循環を引き起こすでしょう。(塚越)(p116)


 ・「もうやめようか」という考えが湧くたびに、私は同じ結論に
  たどり着きました。それは、「昨日までの努力は、捨てるには
  惜しい努力であった」ということです。(鍵山)(p247)


 ・私が描いていた夢とは、「自分が死んだときに、この国が少しでも
  よくなっていれば、人間として生まれ、生きてきたことに意義がある。
  意義のある生を送ろう
」ということでした。(鍵山)(p249)


▼引用は、この本からです。

幸福への原点回帰
幸福への原点回帰
posted with amazlet at 08.04.09
鍵山 秀三郎 塚越 寛
文屋
売り上げランキング: 12336
おすすめ度の平均: 5.0
5 この本を読まないことは人生の損失です

【私の評価】★★★★★(91点)

■著者紹介・・・鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう)

 1933年生まれ。1953年デトロイト商会入社。
 1961年ローヤルを創業。
 1997年東証一部上場、社名をイエローハットに変更。
 1998年同社相談役。


■著者紹介・・・塚越 寛(つかこし ひろし)

 1937年生まれ。1958年伊那食品工業に入社。
 1983年代表取締役。
 1958年から48期連続増収増益を達成。
 2005年同社代表取締役会長。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)