本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ヤンキース流広報術」広岡 勲

(2008年4月 8日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤンキース流広報術
【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■ひざの痛みから、去年ひざの内視鏡手術を行った
 ゴジラ松井ですが、今シーズン2本塁打と、
 しっかり結果を出しています。

 こうした松井選手を影で支えているのが、
 ニューヨークヤンキース球団広報の広岡さんです。


■この本から学べることは、広岡さんは新聞記者上がりですので、
 記者の気持ちを理解したうえで、広報活動をすることで、
 適切なマスコミ対応ができているということでしょう。

 つまり、強い報道倫理を要求しつつも、
 マスコミが困らない程度の情報提供の仕組みを
 作っているのです。
 現場がわかっている強みだと思います。


■日本とアメリカの企業風土の差も
 仕事のやり方の中に感じることができます。

 ・ヤンキース広報部の仕事が面白いのは、一人ひとりの仕事が
  責任を持って任されていることにも関係がありそうだ。
  日本の場合は、どちらかというと、トップの顔色を窺いながら
  仕事をする印象が強いが、アメリカではかなり自由にできる。(p166)


■メジャーリーグの球団運営方法が垣間見れるので、
 野球好きにはたまらない一冊となっています。
 本の評価としては、★2つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・シーズン開幕戦やポストシーズンのようなメインの試合になると
  試合開始前の国歌斉唱の際、ジェット戦闘機がグラウンドの
  上空に飛んでくる(p102)


 ・WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)・・・
  アメリカでは、ワールドカップのような国別対抗の国際試合という
  感覚はなく、むしろ国際交流的な色彩の強い「イベント」という認識
  が強かった。(p153)


▼引用は、この本からです。

ヤンキース流広報術
広岡 勲
日本経済新聞社
売り上げランキング: 324439
おすすめ度の平均: 3.0
1 自画自賛?
5 広報職とはシンプルなもの

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■著者紹介・・・広岡 勲(ひろおか いさお)

 1966年生まれ。ニューヨーク市立大学大学院修士課程修了。
 報知新聞記者を経て、2003年よりニューヨークヤンキース 
 球団広報。2006年から環太平洋担当を兼務する。

─────────────────

■関連書評■
a. 「イチロー思考」児玉光雄、東邦出版
【私の評価】★★★★★

b. 「不動心」松井 秀喜、新潮社
【私の評価】★★☆☆☆


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: