本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「王たちの行進」落合 信彦

(2008年4月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

王たちの行進 (集英社文庫)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■1988年の東ドイツ。
 そこは、今のチベットのように、
 共産党に支配され、
 人々の移動の自由はありませんでした。


 厳重な監視体制の中、
 多くの人が自由を求めていました。


 そうした中で、イギリスMI6などの
 諜報機関は、ソ連崩壊を目指して
 様々な工作をしていたはずです。


■この本では、日本の商社マンが、
 MI6の諜報員と関係するうちに、
 東ドイツから3000人の亡命者を
 ハンガリー経由で亡命させる
 工作を行うという設定になっています。


 それも、東ドイツの軍人に賄賂を渡して、
 軍の飛行機でハンガリーに亡命者を
 運ぶというミッションです。


■ちょっとありえない~という設定でしたが、
 落合さんのことだから、
 本当にあった話に脚色を加えている
 のかもしれない・・・
 と思いながら読みきりました。


 ハリウッド風のどんでん返しでドキドキできるのと、
 共産主義の怖さを思い出す一冊なので、
 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ドストエフスキーがいっていますよね。人々に自由を与えれば彼らは自殺に走ると。自由というものが持つ責任に耐えられないんでしょうね。(p204)


・共産主義勢力と戦ってきた。ソ連国内にもぐり込んで、グルジア・マフィアやロシアン・マフィアと話を付け、彼らの地下経済を援助することによって、ソ連経済にダメージを与えるようなこともした。(p121)


▼引用は、この本からです。

王たちの行進 (集英社文庫)
落合 信彦
集英社
売り上げランキング: 116287

【私の評価】★★★☆☆(73点)



■著者紹介・・・落合 信彦(おちあい のぶひこ)

 1942年生まれ。国際情勢、諜報機関に関係した小説、海外作品の翻訳など。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: