「末広がりのいい会社をつくる 人も社会も幸せになる年輪経営」塚越 寛

| コメント(0) |

末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~

【私の評価】★★★★★(91点)


■50年もの間、増収増益の会社など
 ありえるのでしょうか?
 あります。
 寒天商品製造の「伊那食品工業」です。


 60年前、倒産寸前の「伊那食品工業」に
 社長として派遣された塚越さんは
 人も金も設備もなかったから、
 すべて自分でやったという。


 自分で設備を改良、倉庫を作り、
 営業し、商品開発しました。
 そうした姿を見て協力する社員も
 増えてきたのです。


 人を雇えなかったから
 今いる人にやる気になってもらうしか
 方法がなかったという。


・人材不足だった初期のころ・・・
 日中は仕事をし、勤務時間を過ぎた夕方から、
 設備の改良や建物の修繕をおこないました・・・
 私のようすを見ていた社員が、少しづつ、
 協力してくれるようになりました・・・
 大がかりな設備の入れ替えも、
 自分たちでやり遂げました(p68)


■経営が安定してからも
 塚越さんは事業を急拡大させることは
 ありませんでした。


 夜勤で設備効率を高めることもしない。
 大手スーパーからの販売依頼も断る。
 価格だけで仕入先を変えない。


 これらの判断は、成長を急ぐのではなく
 会社に関わる人達の幸せを最大化する
 ために、ゆっくりと成長していく
 という経営判断だったというのです。


・会社には終わりがありません。
 ですから、成長を急ぐのではなく、
 働く人が幸せを感じるような会社をつくって、
 永続させていくことが肝要なのです(p95)


■塚越さんは優しい経営者のように
 見えますが、社員に掃除や挨拶を
 徹底させるなど厳しい面もあります。


 こうしたすべての判断や方針が
 最終的に自分たちと関わる人たちの
 幸せにつながるという理解が
 得られているのでしょう。


 経営判断の難しさ、大切さに
 気付かされる一冊でした。


 塚越さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・新入社員研修の最初に用いるのは、
 100年分の暦を大きな一枚の紙に印刷した
 「100年カレンダー」です。
 これを見せながら
 「みなさんの命日はどこですか」
 と問いかけるのです(p49)


・経営者は社員の幸せのために心を砕くべきです。
 社員を幸せにすることを通じて、
 世の中に貢献していくというのが、
 会社のあるべき姿であり、
 会社が存在する意味でもあります(p12)


・社員全員が本当に
 やる気をもって働くようになれば、
 生産性は二~三倍に向上します(p102)


・創業期から、夜勤をさせないことは
 徹底してきました・・
 家族と過ごす時間を奪ってはならないと
 考えているためです(p20)


・何のために利益を得るのか?
 社員に給料を払うため・・
 なぜ会社は成長しなければならないのか?
 成長しないと会社は勢いを失い、
 倒産して人に迷惑をかけるから(p28)


・年輪経営において、大切なのは、
 「他社よりも大きく成長する」ことではなく、
 「たえず成長しつづける」ことです(p83)


・「けじめ」と「ゆとり」という意識も大切です。
 「規律」と「自由」と言い換えてもよいでしょう。
 毎日きちんと掃除や朝礼をおこなう。
 いつでも気持ちのよいあいさつをするといった
 けじめは守ります(p44)


・年ごとに異なる行動指針を掲げています。
 これも理念の実現に向けた手段です。
 「どんなことにもひと工夫」
 「もっといい方法はないか」
 「みんなが経営者感覚を!」など、
 日々の社員の仕事ぶりや社会の動向から
 私が課題と感じたことを、
 翌年の行動指針としています(p58)


・仕入先に対して不当な値引きを要求したり、
 安いという理由だけで仕入先を変更したりする
 行為は、会社の敵をつくることになりますから、
 当社では自重しています(p87)


・会社経営の目的は、
 一人でも幸せな人を増やすことです。
 自社の売上や利益のために誰かを
 犠牲にすることは、単なる搾取であり、
 本来の目的に反しています(p87)


・「会社の成長」について、当社では、
 単なる売上増や利益増ではなく、
 「社員一人ひとりの人間的成長の総和」
 と定義づけています(p96)


・追い風に乗って急成長し、
 巨大企業になってしまうと、
 技術革新などによって時代が代わり、
 ブームが去ったときに、その変化に
 対応することが非常に難しくなるのです(p113)


・経営とは、いわば「時代適応業」です。
 経営者が時代の変化を見誤れば、
 優れた人材がいても、
 すばらしい技術を開発しても、
 会社は生き残ることができません(p173)


・経営環境に即した研究開発のために、
 会社によってはシンクタンクの設置を
 検討してもよいでしょう。信頼できる
 友人・知人と任意の集いの場を設けて、
 情報交換を行うことも有益です(p176)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★★(91点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

まえがき あらためて、中小企業のあり方を考える
第1章 「いい会社」をめざして―会社経営の目的
第2章 年輪経営でみんなハッピー―「いい会社」の使命
第3章 遠きをはかる経営―永続のための絶えざる種まき
第4章 「忘己利他」こそ、人生のあるべき姿―幸せに向かう生き方
あとがき ぶれずに理念を伝えつづけた六〇年



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)