「仕事ができる人の心得」小山 昇

|

仕事ができる人の心得

【私の評価】★★★★★(90点)


●仕事のコツを、1277の用語を説明するかたちで
 解説してくれる一冊です。


 あるときは愛をもって、
 あるときは毒舌をもって、説明してくれます。


 ・【甘い】
  自分の弱さの証明です。教育・指導する上で決めたことを
  守らない時に、イヤな思いをさせないで見逃すことです。(p9)


●あまりに項目が多すぎて疲れてしまうのですが、
 それでも読んでしまうのは内容が的確だからです。


 それも一つの項目が、それぞれ深い意味を持っているので、
 ますます疲れます。


 ・【上司の悪口】
  絶対に言わない。お客様から、信用を頂けなくなる。
  そして自分も信用されなくなる。上司の悪口を言い続けて
  出世した人はいない。(p107)


●かなり疲れますので、これ一冊で一週間持つでしょう。


 現役ビジネスマンには、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
 ★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・【言い訳】
  適当にごまかすことです。できない理由を述べることです。
  自己防衛のことです。自分ができないとか無能であるという
  ことを、アピールしていることに気づいていない人のやる
  ことです。進歩の敵です。(p11)


 ・【上司(1)】
  1 一人でも部下を持ったら、その瞬間にその人は人事担当者・
  教育担当者になります。なぜならその瞬間に、その部下のかけがえの
  ない将来、人生の多くの部分にあなたが多大な影響を及ぼすことに
  なるからです。(p106)


 ・【指示命令】
  必ず復唱する。メモをとる。期限を定める。あいまいな期限を
  設けてはいけない。必ず数字をつける。時間に敏感になり
  意識が変わってくる。(p89)


 ・【天才】
  努力を持続できる人です。(p154)


▼引用は、この本からです。

仕事ができる人の心得
小山 昇
阪急コミュニケーションズ (2001/03)
売り上げランキング: 406
おすすめ度の平均: 4.5
4 賛否はあるでしょうが正しいと思います
5 甘えを捨てるために
5 究極のノウハウ本

【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・小山 昇(こやま のぼる)

 1948年生まれ。
 株式会社武蔵野代表取締役社長。
 情報ツールを活用した独自の経営によって
 業績向上を実現している。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)