「話し方のバイブル2」江川 ひろし

|

話し方のバイブル〈2〉人間関係をよくするための10章 (サンマーク文庫)

【私の評価】★★★★☆(89点)


●「話し方」の本というと、発声法、緊張しない方法や
 視線をどうするといった技術が
 書いてある本がほとんどです。


 しかし、この本はちがいます。


 褒める、挨拶する、感謝する、関心を持つ・・・など、
 話し方を切り口に、人間関係の基本を
 教えてくれる一冊です。


 ・まず親に孝養を尽くし、感謝の言葉をいうことです。
  感謝の気持ちをもって一日一日を生活できるという人は、
  必ず幸せをつかむことができるのです。(p245)


●人は他人と関わっていくとき、
 意志を伝えるために「話し」ます。


 ですから、「話す」ときの態度、話す内容、話し方で、
 相手に伝わる情報も変わるのです。


 正しい話し方を学ぶということは、
 良い人間関係を作るということにつながります。


 ・「人間というものはいくら仕事のことばかり一所懸命になっても、
  それだけでは成功しない。
  多くの人が成功するためにもっと心がけねば
  ならない大切なことは、人に可愛がられること、
  人に好かれること
である。(ベンジャミン・フランクリン)(p18)


●この本では、褒める、相手の価値を認める、
 挨拶、笑顔、プラス思考、感謝、聞き上手、厳しさ・・・
 といったポイントについて、

 江川先生の体験や、事例を紹介しながら、
 その大切さを伝えてくれます。


 ・松下幸之助さん、本田宗一郎さん・・・
  それを見逃しては本人のためにならない、
  会社のためにならないというひとつの尺度をもち、
  愛情をもって叱っているということです。(p182)


●この本を読むことで、江川先生の話し方セミナーを
 仮想体験できる内容となっています。


 話し方ではなく、生き方のバイブルとしてお勧めします。


 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・あるとき、部下のひとりを呼んで一枚の書類を渡し、
  「この書類をコピーしてお客様のところへ
  お送りしてくれ」と頼んだそうです。・・・
  あなたはコピーをしたあと、
  そのコピーしたほうを送るだろうか、
  それとも原本のほうを送るだろか(p30)


 ・アメリカのテキサス・インスツルメント社には、
  "たとえ30人の中小企業であっても、
  三万人の従業員を誇るマンモス企業であっても、
  そこに働く一人ひとりの従業員は
  傷つきやすい魂と、ささやかな自尊心をもった存在である
ことに
  留意せよ"という訓えがあります。(p56)


 ・名前を上手に使うと、
  人間は大切な金を使うようになります。(p294)


▼引用は、この本からです。

話し方のバイブル〈2〉人間関係をよくするための10章 (サンマーク文庫)
江川 ひろし
サンマーク出版
売り上げランキング: 341512

【私の評価】★★★★☆(89点)


■著者紹介・・・江川 ひろし(えがわ ひろし)

 1929年生まれ。
 1953年「日本話し方センター」を設立。
 「生き方・話し方教室」を開催。
 話し方の教祖と呼ばれる。


このブログでは、メルマガの一部を掲載しています。
全部読みたい!!と思った方は、こちらからメルマガ登録をお願いします。 

メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
無料で読書!35,000名が読んでいる定番書評メルマガ。購読して読書好きになった人が続出中です。
登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。




お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト本のソムリエ日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)