「江川ひろしの話し方 黄金のレシピ―すぐに使える388の実例」江川 ひろし

| コメント(0) |

江川ひろしの話し方 黄金のレシピ―すぐに使える388の実例

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■日本話し方センターの
 江川さんの一冊です。


 この本では、
 仕事で評価される
 日本語を学びます。


 これくらい知っていないと
 恥ずかしいビジネスマナー
 といった趣です。


・「○○社に行ってまいります。三時には戻ります」
 「部長、○○商事へ出かけます。
  お伝えすることはありますか」(p23)


■会社での評価は、
 人間関係です。


 楽しく仕事ができる人を
 出世させたいというのが、
 人の心でしょう。


 部下にしても、
 やる気を出させてくれる言い方の
 上司と仕事をしたいもの。


・忙しいときにどこに行ってたんだ。
 きみがいないとスムーズに
 いかないじゃないか

 まだまだ忙しいぞ。
 張り切ってくれよ(p177)


■本文の下に、
 「困った人たちと上手につきある話し方」
 が書いてあります。


 江川さんは、こっちらをを
 書きたかったのでは
 ないでしょうか。


 江川さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ネチネチと皮肉や非難を
 言いつづける相手にも一言。
 「いろいろご指摘いただき助かりました。
  ありがとうございます
。」(p132)


・相手の明らかな間違いを指摘する場合は、
 非常に丁寧な表現をしないと、
 先方の気分を害することに(p58)


・あいまいな表現は再度確認する 
 「それでは、明日一時にお会いしましょう」
 「明日、午後一時、13時で
  よろしゅうございますか?」(p85)


電話の対応が会社の命運を左右する・・・
 相手を確かめてから用件に入るなり、
 取り次ぐなどすること。・・・
 一応、会社を代表して・・
 挨拶を忘れないこと(p188)


・人間は元来話し好きです。
 アメリカなどでは一時間くらい、
 話を聞いてあげる商売もあるそうです(p35)


・ラソーダ氏が名監督だった理由・・
 監督の手帳には、全選手の趣味、家族構成、
 悩みなどがびっしりと書かれており、
 「今日は娘さんの誕生日だってな。
  お祝いに一発でかいのを打ってやれ。
  これはおれからのプレゼントだ」
 などと品物を渡しながら選手に声をかける(p50)


江川ひろしの話し方 黄金のレシピ―すぐに使える388の実例
江川 ひろし
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1,237,066

【私の評価】★★★☆☆(71点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 印象的な挨拶と自己紹介
第2章 会話法で築く強固な人間関係
第3章 完璧な敬語をマスターする
第4章 思考能力を磨く表現法
第5章 誰をも動かす黄金の説得術
第6章 人心掌握の話し方マジック
第7章 キラリ知性のクレーム処理
第8章 絶対的信頼は話し方で得る
第9章 電話のマナーでサクセスする
第10章 必修、パーフェクト・スピーチ



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)