「斎藤一人の成功の魔法のランプ」小俣 貫太

|

斎藤一人の成功の魔法のランプ

【私の評価】★★★★☆(88点)


●全国高額納税者番付常連の
 斎藤一人さんの弟子である著者が、
 いかに成長していったかの記録です。


 この本を読むといかに著者が
 成長していったか?


 いかに斎藤一人さんが著者を
 導いたかがわかります。


 ・「カンちゃんさ、商売というのは
  お客様との信頼関係なんだよ・・・
  あの人に頼めば大丈夫、そういう信頼関係がないと、
  これから物が余っていく時代に選んでもらえないだろ。
  俺たちは物を売っているんじゃなくて、
  健康を売っているんだよ(一人)(p121)


●著者は、社長の息子であることもあり、
 新人スパルタ研修をやって総スカンをくらったり、
 3000万円の「ちらし」をくばって
 まったく販売が伸びなかったり、
 失敗続きです。


 しかし、そうした著者に対し、斎藤一人さんは、
 「会社は潰れなかったんだろう?
  次、がんばるしかないよね、
  その過程を楽しみながらやっていこうよ」

 と、叱るのでもなくいい勉強をしたねと
 言ってくれるわけです。


 ・でも、何でも一瞬で手に入るわけがないよね。
  とっと時間はかかると思うよ。
  だったら、その過程を楽しみながらやっていこうよ。
  その過程が楽しめたら、
  人間として成長していけるんだよ(一人)(p216)


●斎藤一人さんは、営業・販売の技術はダントツの実力を
 もっています。


 しかし、それ以上に、お弟子さんにその技術を伝え、
 やる気を引き出すコーチとしての技術も
 最高のものを持っているように感じました。


 ・「なあ、カンちゃん、この味付けダコは、
  うまいのかな?」・・・「おいしいよ」・・・
  「どうしたら、お客様においしいって
  わかってもらえるかな?」(一人)(p20)


●また一つ、斎藤一人さんの
 秘密がわかりました。


 「楽しくやっていこうよ」
 でも、オレたちは商人はプロだよね。


 楽しいけど、厳しい。


 そうしたところに、
 成功の要諦があるように感じました。


●著者の商人としての成長の経験と、
 銀座まるかんの成長の歴史のわかる一冊です。


 斎藤一人さんの人となりがわかるので、
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「あんまり人のことは言わないでさ、
  自分が楽しく生きられる努力をしようよ。」
  私が大好きな一人さんの言葉です。(p72)


 ・「赤字の場所というのは、
   お客様に喜ばれていない場所ということだよ・・・
  どれだけ会社全体の利益が上がっていても、
  赤字の部署は許しちゃいけないよ。
  それは、商人として恥だからね」(一人)(p182)


 ・「おまっちゃんさ、これまでさんざん
  努力してきたんじゃないか。
  そうだろう。でも、それでもダメなんだろ。
  だったら、違う努力をしてみたらどうなんだい(p46)

▼引用は、この本からです。

斎藤一人の成功の魔法のランプ
小俣 貫太
学習研究社 (2005/03)
売り上げランキング: 96377
おすすめ度の平均: 5.0
5 斎藤一人さんを間近で見てきた青年の物語。
5 心に沁みたバイブル書!!
5 楽しんで商売してるか?

【私の評価】★★★★☆(88点)



■著者紹介・・・小俣 貫太(おまた かんた)

 銀座まるかんの販売代理店(株)78パーセント元代表取締役。
 かんた商店代表。
 幼少の頃から斎藤一人氏に接し、仕事や物事の考え方について
 教えを受ける。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)