本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「君と会えたから・・・」喜多川 泰

本のソムリエ 2007/03/19メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

君と会えたから・・・


【私の評価】★★★★★(97点)


要約と感想レビュー

 夏の日に、一人の高校生コウスケが、一冊の本をきっかけに一人の彼女と知り合います。彼女といっしょの時間を持ちながら、コウスケは人生で大切なことを彼女から教えてもらうのです。


 彼女はコウスケにゲームをしようと提案します。そのゲームとは、自分のやりたいこと、行きたいところ、なりたい姿を紙に書いてみるということです。恋愛小説の交換日記ではなく、夢を紙に書くところが成功哲学系小説ということなのでしょう。


 その後、こうした人生の大切なことに目を向けるゲームを、彼女に教えているのは彼女の父親であることがわかります。彼女の父親に導きられながら、二人は、学び、成長していくのです。そして、二人は離ればなれになることになります。それからはネタばれなので、読んでみてください。


・欲しいものを手に入れるためにお金を払っているのではない。それに携わった人に、『ありがとう』を届けているのだ。(p89)


 この本は、ただの自己啓発本ではありません。そして単なる小説でもありません。衝撃のラストで私は、仙台駅で涙を隠しながら、ホームに降り立ちました。この感動をあなたにも味わっていただきたいということで、「泣ける本」に追加するとともに、★5つとしました♪


この本で私が共感した名言

・「でもあれはね、『できたらいいなリスト』ではなくて『できることが決まっているリスト』なの」「そんな・・・」(p56)


・「ヨウスケ君。・・・あなたには無限の可能性があるわ。・・・お世辞じゃないよ、本当にそう思う。だから・・・だから、あなたの人生を・・・ほかの誰とも・・・違うあなたにしかできない・・・素晴らしい人生にして・・・欲しいの。(p172)


・だから、『この本とてもいい本だから読んでみて』って、いろんな人に薦めてきたわ。でも、そう言われて本当に読んでくれる人って、ほんと、いないものなのよ。(p42)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(97点)



著者紹介

 喜多川 泰(きたがわ やすし)・・・1970年生まれ。東京学芸大学卒業後、塾を経営。高校生を中心に英語を教える一方、授業に自己啓発を取り入れるべく研究を続け、執筆活動を開始。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメント(6)

最近読んで感動した本は、「君に会えたから」です。

買ってはいたもののなかなか読めなかったのですが、
読み始めたら一気に読んでしまい、
さらにもう一回読み返しました。

「本を読む」 という習慣がなかった私は
   「本を選ぶ」 ということに慣れていなかったので
   読書が億劫になっていたんだと感じています。

   このメルマガは 読書を習慣にするきっかけになってくれました。
   良い本から読書を始められたことが 
   読書を趣味にするコツだったのかと感じます。

   ここで紹介されていた「君と会えたから・‥」
   これを読んで 私は自分を変える と決心し、
   読書をはじめました。

新幹線で泣きながら読んでいました。
    だいぶ、かっこ悪かったです。

一番最初にこのメルマガを参考にして本を買ったのが、喜多川泰さんの「君に会えたから」でした。

それを読んだ私はいたく感動して、友達や会社の人や家族に、もう絶対読んで!と
薦めていました。

この本は、読み始めてから一気に読み終えました。

読み終わると、自分は号泣していて、
その勢いのまま著者への本の感想を書いていました。

また、本のストーリー展開だけでなく、
どうすればよりよい人生を生きられるかを
考えていた自分にとって、
衝撃的な一冊となった本です。

ある青年と少女の出会いと別れのストーリから 
人生を変える7つの教えに大変感動しました。

通勤バスの中で、思わず涙しました。
家族に勧めた一冊です。


同じカテゴリーの書籍: