本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「すべての出来事をチャンスに変える心理学」加藤 諦三

2006/07/13本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての出来事をチャンスに変える心理学

【私の評価】★★★★☆(84点)


●成功哲学の祖ともいえるオリソン・S・マーデンの書籍から
 伝記や成功物語を引用しながら、
 成功の本質を解説してくれる一冊です。


●私たちは、努力して成功した人の伝記を読むと、
 私も頑張らなくては!と考えてしまいがちですが、
 これが間違いの始まりであり、
 大きな誤解であると著書は指摘しています。


 つまり、成功した人は、いやなことを頑張ったのではなく、
 目的を達成するために、それをするのが必然であり、
 それをすることは決して辛いことではなかったのだのです。


・マーデンの本を「頑張れ!」という教えととらえないで、
 「好きなことを探せ」というようにとらえることである。
 ノイローゼになりやすい人間はそこを間違える。
 そこを間違えて頑張るから、
 生きることは辛いだけで何も残らない(p72)


●私たちは、何でも手に入る環境に育ち、
 何でもできる環境に生きています。


 逆に、そういった恵まれた環境により
 「自分が何をしたいのか」といった問いに
 答を見つけにくい状況にあるのかもしれません。


・健康でない人は、人生の目的がしっかりと決まっていない。
 そして、自分が今置かれている人間関係のなかで悩んでいる。
 悩んでいる人は、今日という日の重さを感じていない。
 今日という日の重さよりも、
 心の葛藤に気を奪われている(p94)


●現代社会では、大量の情報が
 私たちのまわりを流れています。


 そうした情報に振り回され、
 高価なものを買ってみても満足できない。
 レベルの高い大学に合格しても満足できない。
 一流企業に就職しても満足できない。


 そうした人が、
 増えているのかもしれません。


・高価なものを買っても買っても心が満ち足りない。
 心が満たされない人は、
 間違った生き方をしてしまっているから、
 何をしても何をもっても楽しくないのである。
 自分が好きなことをするのではなく、
 人を驚かすようなことばかりをしようとして
 生きている人がいる。(p189)


●頑張るのではない。自分が自然に頑張れる目標を持つことが
 大切であるという貴重なメッセージを伝えてくれる一冊です。

 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・本物は、人に見せるために勉強しているのではない。
 何よりも、自分が何を欲しているかを知っている。(p130)


・「人生の目的」は、多額の貯金を持つことより
 人生を安定させる(p149)


・大人が周囲の人々に自分を重要な人物と思わせるために、
 エネルギーを使うようなものである。
 肝心の、自分の望みを達成することにエネルギーを使わない。
 そして、そうした生き方を長いことしていると、
 自分が本当に欲しいものは何かわからなくなってくる(p68)


▼引用は、この本からです。

すべての出来事をチャンスに変える心理学
加藤 諦三
三笠書房
売り上げランキング: 417575
おすすめ度の平均: 5.0
5 名著

【私の評価】★★★★☆(84点)



■著者紹介・・・加藤 諦三(かとう たいぞう)

 1938年生まれ。大学卒業後、大学院、ハーバード大学研究員を経て、
 早稲田大学教授。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: