「人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?」神田 昌典

| コメント(0) |

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?

【私の評価】★★★☆☆(70点)


●1916年に生まれ、2004年に亡くなった
 近藤藤太(コンドウトウタ)という人がいます。


 その人生は数奇なもので、
 運転手付きのお坊ちゃまからスタートし、
 10歳で父が破産。


 自力で大学へ進学し、音楽バンドで有名となります。
 その後、陸軍へ入隊するも朝鮮ゲリラ狩りに出されます。


●終戦後はGHQで勤務し、
 朝鮮戦争時に商社を創業して大富豪になります。


 岸信介元首相との親交を深めるも、
 ポンドショックで会社が破産。


 借金を返すために、百科事典を売り、
 NHKの英語講座で講師をする・・・


●「現実は小説より奇なり」といいますが、
 近藤藤太さんの人生こそ
 ジェットコースターといえるでしょう。


・急に世の中の流れが変わるときには、
 線路の切り替えポイントにいるようなもんだ。
 ポイントでは意思を持って、
 どちらの方向に行くのか決めるんだ。
 いちばん悪いのは流されることだな。
 (トウタ)(p123)


●こうしたような近藤藤太さんの人生をたどりながら、
 神田さんが、人生の知恵を拾っていきます。


・とてつもないチャンスがノックしてきたとき、
 自分には絶対できない、自分には無理と
 思えることがあるでしょう?
 たしかに、それは今のあなたがやるには
 難しいことかもしれない。
 でもね、未来のあなたには、なんてこともないのよ。
 (アイリーン・ジョーンス)(p215)


●近藤藤太さんの人生をたどろうとしているのですが、
 テーマを絞りきれなかったような印象があり、
 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・さまざまな成功と挫折を乗り越えて、
 トウタは最後に得たものがあった。・・・
 それは家庭である。(p265)


・四四二連隊・・・後世のために犠牲になった日系二世と、
 彼らの誇りをけっして忘れない、とうトウタは心に誓った。(p220)


・どんな国でも、姓名をその国の文化を踏みにじるようなものへと
 強制的に変えることがあれば、相手国を呪って呪って呪い殺す
 だろう。(p60)


人生の旋律  死の直前、老賢人は何を教えたのか?
神田 昌典
講談社 (2005/07/20)
売り上げランキング: 2,721
おすすめ度の平均: 2.72
5 ★★★★★
5 この本はぜひ映画化されるべき
5 生きる勇気をもらえます

【私の評価】★★★☆☆(70点)


●著者紹介・・・神田 昌典

 大学卒業後、MBA取得。外務省経済局、サラリーマンを経て、経営
 コンサルタントとなり、実践マーケッターとして活躍。





あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、
フォレスト出版リーダーズクラブはこちら


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)