「TVニュースのタブー 特ダネ記者が見た報道現場の内幕」田中 周紀

| このエントリーをはてなブックマークに追加

TVニュースのタブー 特ダネ記者が見た報道現場の内幕 (光文社新書)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■共同通信の特ダネ記者だった著者は、
 テレビ朝日のニュースステーションの
 ディレクターになりました。


 そこで驚いたのは、
 テレビはニュースの中味ではなく
 インパクトのある映像のある
 ニュースを報道すること。


 つまり、視聴率が取れるニュースを
 優先して報道しているのです。


 営利企業ですから当然のことですが、
 ジャーナリストとしては
 衝撃的な事実だったようです。


・映像メディアのテレビのニュースでは、
 記事の中身よりもインパクトのある映像を
 伴うものの方が優先される(p11)


■そして新聞では事実の追及に
 重きが置かれますが、テレビは
 視聴者へのインパクトが追及されます。


 いかに視聴者の感情に訴えるか。
 長時間、インタビューして編集で
 一部しか使わないのは、
 事実よりインパクトを出すためなのです。


 事実上、テレビはジャーナリズムではなく、
 創作も許されるバラエティ番組に近いものである
 ということを著者は言いたいのでしょう。


・テレビでは結論をこっちから向こうに投げるような
 聞き方をしてはダメなんですよ。
 多少は時間がかかっても、
 もっと大づかみに質問して向こうに喋らせないと、
 インタビューとして使いものにならないでしょ(p98)


■2004年4月に『ニュースステーション』は
 『報道ステーション』に変わりました。


 著者は、新しい報ステの空気に違和感を覚え、
 職場を変えたそうですが、
 違和感とは何だったのでしょうか。


 同じマスコミとはいえ、
 新聞とテレビとは全く文化が
 違うということがわかりました。


 田中さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・当時の私はNステのディレクターだったが・・
 幹部は申し訳なさそうにこう言った。
 「君が深く取材していることはよく分かった。
 でもあそこがうちの大口のスポンサーであることは
 承知しているよな。だから、うちが
 報道の口火を切ることは遠慮してほしい(p216)


・芸能人が絡む事件が起こると、
 タレントや所属事務所と顔馴染みのワイドショーの
 リポーターが出てきては、社会部の記者が
 タレントに都合の悪い質問をしようとするのを
 ブロックする光景に何度か出会った(p66)


・民放局の政治部や経済部の実態はどうなのだろう・・
 出演して自説を披露したい政治家は、
 自分の方から記者に擦り寄ってくる・・
 原稿の文末を「今後の成り行きが注目されます」
 「難しい判断を迫られそうです」
 「先行きに暗雲が漂っています」といった
 陳腐な決まり文句で締める、いわゆる
 "ナリチュー原稿"を買いてさえいればいいのだから、
 何とも気楽なものだ・・
 新聞社や通信社の社会部では
 「"ナリチュー原稿"は記者の恥」と
 厳しく教育される(p212)


・テレ朝の経理体制が会社の規模拡大に追いつかず、
 東京国税局からしばしば申告漏れを
 指摘されていた時代には、三浦(甲子二)氏が
 大蔵省の親しいキャリア官僚に働きかけ、
 税務調査した東京国税局に追徴課税を
 減額させていたという(p200)


・「人間は一度でも一緒にメシを食えば、
 お互いの距離が急速に縮まる。
 同じ会社の人間と食っていても時間の無駄。
 取材相手と食え」証券業界を担当している
 ある先輩記者から受けたアドバイスを私は、
 かなり忠実に守った(p44)


・記者という仕事は、早い話が"個人商店"である・・
 自分で取ったネタは自分で記事にしたいし、
 できれば特ダネ扱いにしたい(p76)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


TVニュースのタブー 特ダネ記者が見た報道現場の内幕 (光文社新書)
田中 周紀
光文社 (2014-01-17)
売り上げランキング: 438,248

【私の評価】★★★★☆(83点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 通信社とは
第2章 金融証券担当
第3章 国税報道
第4章 民放報道との出合い
第5章 2つのニュース
第6章 さらば、ニュースステーション
第7章 デスク稼業の日々
第8章 国税担当への復帰
第9章 民放局の経済部



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

googleのお薦め

>月別(2002年7月~)