「自分を掘り起こす生き方」ウェイン・W・ダイアー

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を掘り起こす生き方

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■ダイアー先生は米国の心理学者。


 博士が一貫して伝えることは
 自分を否定し、苦しんでいる人も
 幸せになれるということ。


 自分に起こることは
 自分を否定することではなく、
 自分を活かすための
 メッセージなのです。


人生で起こることは、すべて
 あなたへのメッセージ
であることに
 気づくようになるだろう(p42)


■「自分を認めてほしい」
 というエゴを乗り越えると、
 新しい世界が見えてきます。


 自分が生きていることは
 素晴らしい。


 周囲の人達は
 自分を支えてくれる。


 私達には既に、
 自然、大地の恵みが
 与えられているのです。


・「重荷を下ろしなさい」・・
 重荷を下ろして身軽になれば、
 これから先の人生をあれこれと
 思い悩むこともなくなるだろう。・・
 あなたの人生にとって大切なのは、
 今、この瞬間
なのである(p215)


■両手を失ってはじめて
 周囲の人に感謝し、
 自然の素晴らしさに気づいた人を
 思い出しました。


 それだけ気づくのには、
 壁があるのでしょう。


 ダイアー博士、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・以前いらいらしたことがあっただろう。
 実はそのいら立ちは、あなた自身の
 一部が映し出されたものだったのだ(p51)


・あなたの心の中に、自分の人生に
 起こって欲しいと思うことを
 はっきりと思い描きなさい(p62)


・何事においても失敗することは
 あり得ないのだ。
 あなたがやることはすべて
 何らかの結果を生むだろう。
 肝心なのはその結果をあなたが
 どう生かすか
なのだ(p144)


・聖なる自分を知り、
 神は自分の中にも存在しているのだ
 ということを悟れば、もはやエゴを
 乗り越えたと言ってよいだろう・・
 ルーミーが言ったように、
 「小賢しさを捨てて感動を得る」(p226)


自分を掘り起こす生き方
ウエイン・W ダイアー
三笠書房
売り上げランキング: 1,053,069

【私の評価】★★★☆☆(76点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 あなたの人生最大の挑戦―こころの「視点」を切り替えよ
第2章 この「誤信・錯覚」のクサリを断ち切れ
第3章 「恐怖と不安」からの解放宣言
第4章 本物の自己確立と生きがいを約束する
第5章 「愛すべき自分」に気づく、いとおしむ
第6章 「現在中心」で生きよ
第7章 「今日」を愉しみながらさらに力をつける



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む