「ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ―"運命を操る力"を手にする「7つの特別プログラム」」ウェイン・W・ダイアー

|

ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ―

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■この本で言うところの「スピリチュアル」とは、
 天地自然の法則のことを言っているのでしょう。


 つまり、花が咲く、風が吹く、子孫を残す、
 人がイメージしたことが実現する、ということです。


 当たり前のようですが、私は奇跡だと思います。


・「あなたは花を育てることができるか?」
 こう尋ねられたら、たぶん、
 あなたは次のように答えるだろう。
 「簡単なことだ・・・
 誰(何)が種から花を咲かせ、(p14)


■地面に種を撒くと、花が咲くように、
 正しい考えは、正しい結果を生み出します。

 これは、世界の法則であり、宇宙の法則であり、
 すべてのものを支配している法則なのです。


・「私は何を与えられるのだろう?」
 「どんな役に立てるだろう?」
 というメッセージを世界に送っていると・・・
 こうした高次元のエネルギーを発散させていると、
 不思議なことに、
 行く先々ですばらしいことが起こる(p27)


■私たちと松下幸之助は何がちがうのでしょうか。
 私たちと本田宗一郎は何がちがったのでしょうか。
 ただ、頭の中の考え方だけのように感じます。


 「考え方」によって、天と地ほどの結果の差が
 生み出されるのです。


 そうであれば、考え方を変えることができれば、
 だれでも奇跡を起こせるということなのではありませんか?


・パタンジャリは、
 「誰もが奇跡を起こす力を秘めている
 と説いている。(p74)


■内容的には「成功法則本」なのですが、
 スピリチュアルという神秘的なイメージで
 導いてくれるところに好感を持ちました。 


 ★3つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・レバノン人の詩人ハリール・ジブラーンは、
 「苦しみの大部分は自分が選んだものである」
 と述べている。(p144)


・私が郵送した商品の代金が引き落とせないケースがたびたびある。
 そんな時、「騙された。・・・」と
 漏らしていた時期があった・・・
 だが五年ほど前に、私の考えは一変した。
 こうしたことが起こるたびに、
 私はサイン入りの著書を一冊無料で送り、
 不渡小切手の支払いを求めた。(p162)


・古代エジプト人は、死に際して、二つの質問にどう答えるかで
 死後の旅を続け」られるかどうかが決まると信じていた・・・
 最初の質問は「喜びを見つけたか?」で、二つ目の問いは
 「喜びをもたらしたか?」だという。(p197)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★☆☆(74点)



■著者紹介・・・ウェイン・W・ダイアー

 1940年生まれ。心理学博士。マズローの自己実現を発展させ、
 「個人」の生き方重視の意識革命を提唱。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)