「自分のための人生」ウェイン・W・ダイアー

|

自分のための人生―

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■先日に続き、この本も、

 「あれ?紹介していなかったっけ?」

 と気づいた一冊です。


 私がこの本を最初に読んだのは、
 30歳前後でしょうか。


 40代になって
 やっと「自分のための人生」というものが
 見えてきたように感じます。


・そうしたいから・・・それだけの理由で、
 やりたいことは何でもやればよい。(p161)


■しかし、「自分のための人生」とは
 強烈な一言です。


 精神的に自立した人間になろう、
 ということ。


 ところが、この世の中では
 他人にコントロールされた
 人間がいかに多いことか!


・人生を生きていくうえで、むずかしいけれども
 やらなければならないことがいくつかある。
 精神的に自立するというのもその一つである。(p231)


■自立している人は、
 自分のなかに「ものさし」を
 持っているように感じます。


 人が言ったからやるのではなく、
 「自分が納得したからやる

 慣例だからやるのではなく
 「自分がやりたいからやる

 だからこそ、
 うまくいっても、いかなくても
 自分が責任をとれるのです。


 大切なことが書いてあると思います。


 ダイアーさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分自身の人生なのだ。
 自分のやりたいように生きることだ。(p15)


・もし、あなたの考えをあなた自身が
 コントロールしないとすれば、
 いったい誰がコントロールするのですか(p21)


・自分がどう感じ、何をすべきか、その説明を自分の外の
 世界に求めるのは、愚かなことである。自分で自分に
 責任を持つこと同様、自分で自分に面目をほどこす(p195)


・謝るのは時間の無駄である。
 誰かに許してもらわないうちは、
 気分が落ち着かないというのなら、
 自分の感情をその人たちに支配されているわけである(p104)


・みんなの気に入るようにはできないということになる。
 事実、50%の人が気に入っているなら、
 非常にうまくやっているといえる(p91)


・社会通念で自分を小さくするな・・・
 絶対といえるものなど何もない。常に理にかなった、
 あるいはどんな場合にも非常に有用な規則とか法律などは
 あり得ないのだ。(p185)


・不安定な者だけが必死で安定を求める(p155)


自分のための人生―
ウエイン・W. ダイアー
三笠書房
売り上げランキング: 85,951

【私の評価】★★★☆☆(73点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)