「沈黙」遠藤 周作

| このエントリーをはてなブックマークに追加

沈黙 (新潮文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■島原の内乱の鎮圧後、
 幕府はキリスト教が原因として
 ポルトガル人を追放します。


 潜伏している宣教師には、
 キリスト教を捨てるよう拷問し、
 拒否すれば処刑しました。


 中には、拷問に耐えられず
 キリスト教を捨てた
 宣教師もいたのです。


■本当に捨教した宣教師がいるのか、
 確認するために、日本に密かに潜入した
 ポルトガルの宣教師がいました。


 彼は、隠れキリシタンとともに
 幕府の捜索の手から逃れようとしますが、
 ついに密告により拘束されます。


 奉行は、キリスト教を捨てなければ、
 隠れキリシタンを一人づつ殺すと
 脅しました。


・基督(キリスト)がユダに売られたように、
 自分もキチジローに売られ、
 基督と同じように自分も今、
 地上の権力者から
 裁かれようとしている(p196)


■慈悲深い神を広めるために、
 日本に来たのに、そのために
 日本人のキリスト教徒が殺されていく。


 自分の信じる神は何もしてくれない。
 慈悲深い神はどこにいるのか。


 彼は神とは何なのか
 わからなくなってしまいました。


 そして、捨教した宣教師と出会い、
 彼もキリスト教を捨てました。


 神はいないのか


 いや、神は自分と一緒に
 苦しんでいたのだ。
 彼はそう考えるしかなかったのです。


・彼は人々のために死のうとして
 この国に来たのだが、事実は
 日本人の信徒たちが自分のために
 次々と死んでいった(p208)


■自らの考える正義を
 組織として広げようとする
 宗教の仕組み。


 そして、それを正当化し、
 組織として人を動かす
 仕組みを知りました。


 そして、
 神はいないのではないか。
 神がいるとすれば、
 人間の中にいるのではないか。
 そう考えました。


 遠藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「汝等、全世界に往きて、
 凡ての被造物に福音を宣べよ。
 信じ、洗せらるる人々は救われ、
 信ぜざる人は罪に定められん」(p30)


・万一神がいなかったならば・・・
 三カ年の歳月を要して
 この国にたどりついた宣教師たちは
 なんという滑稽な幻影を見つづけたのか(p105)


・この国では領主たちは宣教師に、
 今まで使っていた邸や寺々をそのまま
 教会として使うように命じたのです。
 ために百姓たちの中には、我々の宗教を
 仏教と同じ教えだと混同してくる者さえ
 かなりあったようです(p108)


・パライソ(天国)に行けば、ほんて永劫、
 安楽があると石田さまは常々、
 申されとりました。あそこじゃ、
 年貢のきびしいとり立てもなかとね(p128)


・正というものは、我々の考えでは、
 普遍なのです・・
 ポルトガルで正しい教えはまた、
 日本国にも正しいのでなければ
 正とは申せません(p171)


沈黙 (新潮文庫)
沈黙 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.01.27
遠藤 周作
新潮社
売り上げランキング: 10

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 年齢を重ねて学ぶことについて
第2章 健康と知恵について
第3章 余生を過ごす場所について
第4章 時間と財産について
第5章 読書法と英語力について
第6章 恋愛と人間関係について
第7章 余生を極める



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)