「お金の真理」斎藤一人♪

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の真理

【私の評価】★★★★★(91点)


■成功したかったら、
 成功した人に聞けばいい。


 お金のことは、
 お金持ちに
聞きましょう。


 この本では、大商人の斎藤一人さんに
 お金について教えてもらいます。


・お金持ちになりたかったら
 "お金がある人"に聞け(p49)


■最初に、一人さんは
 お金を自分にあげましょう、
 と言います。


 お金を人に払うということは、
 お金をその人にあげたこと。


 お金を自分にあげるとは、
 貯金するということです。


・「10分の1だけでも自分にあげる」。
 つまり、10分の1を手元に残す
 ようにしてください(p17)


■そして、「仕事は楽しい」といって、
 人生のゲームを楽しめばいい。


 仕事をすれば、
 難しい仕事もあれば、
 失敗もする。


 そうした課題と向き合いながら
 自分が成長していく。


 人生とは自分が成長して
 成功するゲームなのですね。


 一人さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お金が人生のすべてじゃないけれど、
 お金があることで、人世の旅路を
 より安心で豊かなものにすることが
 できるんだよね(p69)


・私は絶対に経営コンサルタントにはなりません。
 だって、人に教えるよりも自分でやって
 儲けたほうが早いし、確実だし、
 たくさん儲かるからです(p41)


自信がなくても自信が
 あるような顔をしてやりな
」って
 言うことにしています(p42)


・どんなに素晴らしい知識でも、
 勇気を持って行動に移したとき、
 初めてその価値が発揮されるからね(p43)


・その問題はあなたに必要だから起きている・・
 「困ったこと」といのは・・
 神さまが・・あなたを「成長させよう」と
 考えているからこそ起こすんだよね(p75)


・問題解決ってゲームみたいで、
 すごく楽しいんだよ。
 私たちは神様が用意してくれた
 "人生という名のゲーム"の中で
 生きているんだよ(p98)


・まずは自分が幸せになって、
 その幸せをできる範囲で周りに
 配っていけばいいんだよね。
 それが神の望みでもあるの(p86)


・株式投資をするのなら・・・
 まずは値下がりしそうにない株を買うの・・
 業績が悪い会社に「がんばれ!」って
 応援する気持ちで株を買わないと
 ダメなんだよ(p29)


お金の真理
お金の真理
posted with amazlet at 16.05.24
斎藤一人
サンマーク出版
売り上げランキング: 44

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

○お金の儲け方には2種類ある
○財布にお金を残すと"忍耐力"が養える
○あなたは魅力的な投資先ですか?
○人に知恵を聞くときは「誰に聞くか」が重要
○お金持ちになりたかったら"お金がある人"に聞け
○「仕事が嫌い」はお金を敵に回しているのと一緒
○お金は大切にしてくれる人のところに集まる
○その問題はあなたに必要だから起きている
○"無常"を知ると時代の兆しが見えてくる
○チャンスは「知恵と忍耐を学ぶ機会」として現れる
○「心の問題」と「お金の問題」は解決の仕方が違う
○お金の「2つの側面」を知れば行動が変わる
○お金に振り回されるのは「自分が主役」の人生を生きてない証拠
○科学的にも証明された「運気を上げる方法」
○"大本"を変えないと起きる現象は変わらない
○「頭がいい」とは自分の不完全さを知ること
○真の成功とは「成功を重ねること」



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む