「原田隆史の熱い言葉64」原田 隆史

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

原田隆史の熱い言葉64 カリスマ指導者「8×8」の成功クレド

【私の評価】★★★★★(91点)


■不良高校から陸上日本一を大量排出した
 カリスマ教師が教える
 8つの心を動かす秘訣です。


 その8つ秘訣について、
 それぞれ8つの言葉を示し、
 解説してくれます。


 敵は誰ですか?自分です。
 仕事と思うな、人生と思え
 一寸先は・・光です。


 いつもの原田語録ですね。


・敵は誰ですか?自分です・・
 結果が出ないのは・・・
 「自分がさぼっていた」からです(p68)


■人を変える、組織を変えるのは、
 やはり人間関係だということです。


 声をかけることから、
 すべては始まります。


 挨拶する。掃除する。

 ルールは守らせる。

 失敗しても励ます。


 そうした積み重ねが、
 組織の雰囲気・ムードを作り
 人を変えていくのです。


何はなくとも、まずストローク・・
 人は、人と人とのかかわり、
 コミュニケーションを断たれたら、
 だんだん元気を失う(p138)


■しかし、思いは枯れると言います。


 だから、何度も目標を書く。
 やったことを反省して、
 今後の計画を修正する。


 そうした繰り返しで、
 自分の思いを再確認し、
 行動につなげていくのです。


 行動なくして、成果なし。
 そのコツがわかりました。


 原田さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・世界一のエベレストに上る準備をすれば、
 日本一の富士山には簡単に登れる(p42)


・思いは枯れる、夢は腐る・・
 ベッドの上の天井に夢・目標を書いた用紙、
 写真を貼る(p101)


・若者はルール、規則には従わないが、
 その場のムードには従う・・
 差が出る理由は、店長のオーラと
 店のムード
なんです(p115)


・時を守る、場を清める、礼を正す・・・
 清掃活動をみんなでする、朝礼を開いて
 大きな声であいさつをする(p121)


・人は、「厳しさ=父性」「優しさ=母性」
 「楽しさ=子ども性」によって育ちます・・
 コンパ、飲みニケーションをしよう(p141)


・メンターとは何か。それは心の師匠です。
 損得勘定抜きにして
 付き合ってくれる指導者(p154)


・「思いたったら今すぐにやりなさい
 「そう、今から行動しなさい」・・・
 一度ダメでも、気づいたときに
 またやったらいいじゃないか、
 あきらめないことが大切だ(p175)


原田隆史の熱い言葉64 カリスマ指導者「8×8」の成功クレド
原田 隆史
実業之日本社
売り上げランキング: 27,046

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1部 パフォーマンス力 意志の力を培う
 心を高くする!
 心を使う!
 心を強くする!
 心を整理する!

第2部 メンテナンス力 愛の力を培う
 心をきれいにする!
 心を元気にする!
 心を広くする!
 心を動かす!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む