「セミナー講師で稼ぎたいと思ったら読む本」松尾 昭仁

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナー講師で稼ぎたいと思ったら読む本

【私の評価】★★★★★(93点)


■セミナー開催については、
 私も興味があるのですが、
 ノウハウ満載の一冊でした。


 年間300回以上のセミナー活動をしている
 松尾さんならではの、
 内容だと思います。


 こうした本が1400円で買えることが、
 出版の良いところだと思います。


・セミナー前日までに用意する物チェックリスト(p183)


■細かいノウハウも大事ですが、
 やはり一番大切なのは、
 セミナーの内容です。


 松尾さんは、徹底的に練習しています。


 もし、セミナーでお金を取るつもりなら、
 もう、失敗しようがない、と思うくらい
 練習すべきなのでしょう。


・スピーチの練習も何度も何度も行いました。
 「もう、これ以上は練習できない!」と
 思うくらいまでくり返したと思います(p23)


■マニュアル本としてだけでなく、
 最初に自分の体験談を入れて、
 セミナー同様工夫された一冊だと思います。


 セミナー講演者になりたい人は、
 まずはこれを読め!
 ということで★5としました。


 松尾さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「参加対象者」をタイトルに入れる・・・
 「シングル女性のための「老後のお金」準備セミナー(p114)


・名刺交換タイムは、セミナー後より前がベスト・・・
 参加者の緊張がほぐれると、
 講義もスムーズに(p179)


・話し方に多少クセがあっても大丈夫なのです。
 クセは、いい換えると「個性」になります・・・
 1分間に250~300字程度の速さで話せるように練習(p192)


・講演中は「話を言い切る」クセをつけましょう。
 「~だと思います」ではなく、
 「~だ」「~です」と講師が言い切るのです(p222)


・自分が講演したほぼすべてのセミナーを
 VTR収録しています・・・自分自身が納得した
 セミナーにかぎって商品化(p109)


セミナー講師で稼ぎたいと思ったら読む本
松尾 昭仁
中経出版
売り上げランキング: 70,475

【私の評価】★★★★★(93点)

■目次

第1章 「セミナー講師」のメリットはコレだ!
第2章 あなたも、1カ月で「セミナー講師」になれる
第3章 セミナーは「利益率80%」のビジネスモデル
第4章 儲かるセミナーのお金をかけない「集客法」とは?
第5章 あなたのセミナーを成功に導く「段取り」のすべて
第6章 売れっ子セミナー講師が実践する、大切なルール
付録 大人気の「講師」&「主催者」にセミナーの極意を聞く!


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む