「アフガン、たった一人の生還」マーカス・ラトレル、パトリック・ロビンソン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

アフガン、たった一人の生還 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■「なんでこんな本を買ったのかな・・」
 と思いながら読んでいたら、
 サンデル教授の白熱教室
 テーマとなったお話でした。


 つまり、
 アフガニスタンで作戦中にヤギ飼いに出会った。
 武器は持っていない。
 しかし、解放すれば米兵の存在を敵に通報する可能性がある。
 選択肢は、ヤギ飼いを殺すか解放するか


 現実には、
 マーカスは4人との話し合いで、
 ヤギ飼いを解放したのです。


■その結果、マーカスを含めて
 4人の米兵はタリバンに包囲され、
 マーカス以外は殺されました。


 マーカスは瀕死の重傷を負い、
 現地のパシュトューン族に助けられます。


 米軍とアルカイーダとタリバンと
 パシュトューン族。


 アフガニスタンの地方は、
 部族が支配しているというのが、
 実感できました。


・罪なき人々が死ななくてはならなくなったりするような戦争に
 巻き込まれたくなかったら、最初からそんなものには近づかない
 ほうがいい。なぜなら、それは起きるべくして起きるからだ。
 死に値しない人々を殺すという、ひどい不正義。
 それこそが戦争
なのだ。(p365)

■前半は、特殊部隊シールズの訓練の様子。
 後半は、アフガニスタンでの戦闘の様子。


 軍事映画としては、
 悪くないかもしれません。


 マーカスさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・シールはもうおわかりのように、チームで、チームのみ、戦う。
 各隊員は正しく戦闘を行うために、完全に他の隊員たちに依存する。
 ・・・おれたちは本能的に常に仲間の後方掩護を行い、
 掩護射撃をし、仲間との隙間を埋めるか、
 もしくは仲間の動きを容易にする動きをとる(p321)


アフガン、たった一人の生還 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
マーカス ラトレル パトリック ロビンソン
亜紀書房
売り上げランキング: 116013

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)