「月収1850万円を稼いだ勉強法」大坪勇二

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

月収1850万円を稼いだ勉強法

【私の評価】★★★★★(94点)


■月収1655円から月収1850万円。
 (月収1850円ではありません!)


 フルコミッションの保険営業マンの世界は、
 実力の世界。


 著者が成果を出した秘密は、
 何なのでしょうか。


・「ひとり作戦会議」には、
 週末早朝のファミレスが最適(p36)


■まず、早朝の作戦会議です。


 自分がやるべきことを考え、
 整理するのです。


 なぜか、自宅では
 アイデアがわかないとのこと。


 そして作戦会議のための
 情報収集としてはメモを取る。
 日ごろから気づいたことを記録するのです。


 そして情報のインプット。
 最初は本を読むことからはじめる。


 本の情報と、自分の課題、
 それらを考えまとめる、
 そして「実行」

 このサイクルが大切なのです。


・出会いを引き寄せるのが「勉強」・・・
 正確に言えば、「情報を吸収して編集加工し、
 それを言語化して発信する」(p48)


■こうした十分な書籍による勉強と
 仕事へ活用できる基礎ができたら、
 次は人からの学習を強化します。


 つまり、セミナーに参加する。


 そして、できれば
 勉強会を主催する


 勉強する仕組みの中に
 自分を置くことで、
 良い人脈を作るということです。


・情報のインプット量を増やすこと。それも大量に!
 ・・・十分な読書量を確保したうえで、今度は
 人から情報を取るステージに進みます。(p208)


■はー、確かに自分も
 同じようなステップを踏んでいる・・・
 と感じました。


 セミナー参加と勉強会主催。


 私にもまだまだやるべきことが
 残っているようです。


 まずは、勉強会かな。


 大坪さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・本は、現場での"不思議体験"を
 セオリー化してくれる(p93)


・あなたの将来を予測するのは簡単です。
 あなたのお客様リストを見ればいい。
 それくらい、あなたがどんな人と付き合うかで
 あなたの人生は変わります
。(p47)


・私がセミナーで自分にルールとして課していることは、
 セミナーの中で「これだ!」というものに出会ったら、
 それを実行に移す、ということです(p126)


・同期入社の同僚たちと、月1回の社内勉強会を
 開催しました。私が幹事を務めました。
 社内で輝いている課長級のエース社員をゲストとして
 お呼びし、お話を伺うという形態。(p196)


富裕層を対象にした勉強会・・・
 石野氏の成功から学べるポイント・・・
 1 「教える」という立ち位置から入ること
 2 参加メンバーのメリットが大きくなる仕組みを工夫すること
 3 参加メンバーを厳選すること(p220)


・飲み会やゴルフでの関係でビジネスにつながったことは
 ほとんどありません。勉強を通じてできた人間関係のほうが、
 結果としてはるかに大きなビジネスにつながっている(p6)


・褒めるにはコツがありまして、
 社長に対しては社員を褒める、
 ご家庭に伺ったら子供を褒める
(p96)


月収1850万円を稼いだ勉強法
大坪勇二
祥伝社
売り上げランキング: 27022

【私の評価】★★★★★(94点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む