本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ガリレオのそれでも地球は回る」西尾 宣明

(2011年11月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガリレオのそれでも地球は回る

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■ガリレオ・ガリレイの本かと思ったら、
 技術者視点で世の中を見るという
 エッセイでした。


 文系の人から見ると、
  原子力の臨界と、石炭の自然発火は同じ、
 とか、
  風で体感温度が下がるのと、
  野球のカーブが曲がるのと同じ、
 と言われて、  
 興味が持てるでしょうか?


・トンネルがあると渋滞が起きやすいことの
 根本的原因ですが、それは空いている道路では
 時速120kmとか140kmの高速でどんどん飛ばす人たちも、
 トンネルの中では結構おとなしく、制限速度以下で
 走ることが多いという事実です(p11)


■私も技術職なのでわかりますが、
 合理的な判断をするときに
 技術的な知識は必要です。


 技術的な常識がなければ、
 予想外の結果になってしまうことも
 あるのです。


 たとえば、
 優秀な人ばかりを集めても
 優秀と普通と劣等にわかれてしまうとか、
 車の平均速度を下げると
 渋滞が発生するなど、
 科学的に説明できる事象は、
 ある意味面白いと思います。


・動物の世界では能力の高い個体だけを選び出して
 一つの集団を作ると、その中で自然に能力の格差が生まれて、
 母集団と同じような正規分布が形成される・・・
 残り物の学生の中からとてつもない能力を発揮するものが
 現れる(p282)


■世の中では、
 文系の社長が多いようですが、
 もう少し理系の人も頑張ると、
 合理的な社会ができるかもしれません。


 合理的だから出世できないのかも
 しれませんが。


 西尾 さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・棒を引き伸ばすと、棒の太さ(b)が
 小さくなる・・・ひずみの大きさ・・
 比率で表した・・・比例定数で
 「ポアソン比」と呼ばれています・・・
 金属のポアソン比は弾性範囲で約0.3・・
 ゴムでは約0.5、
 硬質のポリエチレンなどでは約0.4(p83)


・空気の分子は物凄い速さで飛び回っています。
 常温だと大体毎秒500メートルです。・・・
 1秒間に移動する平均の距離は・・
 約6ミリメートル・・・
 すぐに他の分子とぶつかって跳ね返され(p99)


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: