「続・可視経営」石橋博史

| このエントリーをはてなブックマークに追加
意識・行動が変わる続・可視経営 業務プロセスの可視化法とツール
石橋博史
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 170280

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■著者は、ホワイトカラーの
 仕事の「見える化」を
 仕事にしているコンサルタント。

 製造現場では、作業標準が決められ、
 その標準もどんどん改善する活動が
 行われています。

 その一方で、
 ホワイトカラーで作業標準がある
 会社はほとんどないのではないでしょうか。


・業務点検マニュアル・・・
 その作業内容、条件、担当者、作業の手順、管理点が
 ひと目でわかるようになっている(p211)


■マニュアルがなくても
 仕事の改善はできるのでしょうが、
 それでは継続が難しい。

 トヨタでもまず作業標準を
 担当者に作らせたようですから、
 仕事を「見える化」するのが
 改善の第一歩になるのでしょう。


 業務点検マニュアルを作る過程で、
 担当者が仕事を把握し、
 改善点を発見する。

 そしてマニュアルを
 引き継いでいくことで、
 継続性を持たせるのです。


・業務のプロセスがチャート化によって
 目で見てわかり、気づきを促進して
 ムダとり改善が進む。(p9)


■大規模になると、大変なので
 小さく始めるのが良いように感じました。

 または、SAPのような大規模システム導入時に
 仕事の流れの把握が必要ですから、
 その前に仕事の分析を行い、
 改善もいっしょにやってしまうという
 手もあるかも。


 私も定例的な仕事を(引継ぎ用に)
 マニュアル化してみようと思います。
 
 石橋さん
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・課題は一般的に大きく漠然としている。
 したがって、分解して"細かい改善"を
 積み上げよ(p30)


・各担当者の役割と分担を明確にする・・・
 業務の役割が決まれば責任の範囲が決まり、
 分担が決まれば権限を決めやすく、仕事の意義・価値が
 明確となり、仕事に取り組む姿勢も緊張感を保ちながら、
 真剣になれ、仕事がしやすくなる(p117)


意識・行動が変わる続・可視経営 業務プロセスの可視化法とツール
石橋博史
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 170280

【私の評価】★★★☆☆(74点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

googleのお薦め

>月別(2002年7月~)