「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」長谷川 和廣

| このエントリーをはてなブックマークに追加

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■2000社の赤字会社を黒字にしたという
 長谷川 和廣さんの一冊です。


 長谷川さんは27歳のときから、
 仕事で気づいたことを
 ノートに記録してきたそうです。


■抜群の実績を残している長谷川さんですが、
 やはり若いときに多くのことを先輩に学んだようです。


 逆に言えば、先輩から成功の秘訣を学びとることが
 できたからこそ、成功しているのでしょう。


  ・私が20代の頃、上司によく
   「おまえ、"ありがたいの心"を持っていないと
   辛くなる一方だよ」と言われました。(p34)


■長谷川さんの考え方は非常にオーソドックス。
 奇をてらったものはありません。


 しかし、それを赤字会社に乗り込んでいって、
 現場で実践できるのか、それが問題でしょう。


 打ち手も的確でなくては再生できないはずですし、
 従業員の協力がなければ再生できないはずです。


 実は、長谷川さんの人間性、人間力のほうに
 秘密があるのではないかと私には感じられました。


  ・「不人気を覚悟する」「ためらわない」「ひるまない」
   「誠意を持って、事にあたる」
   「毅然とした態度を貫きとおす」「忍耐強く行う」(p18)


■書籍としては普通ですが、
 長谷川さんをもっと研究したくなってきました。


 とりあえず著作をすべて注文しましたので、
 さらに読んでいきたいと思います。


 本の評価としては★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・宣言すると、足を引っ張ろうとする人が出てくる反面、
   不思議と応援してくれる人も出てくるもの。(p81)


  ・私はいつも「逆サイド」から考えるようにしています
   ・・・「売れるピザとは何か?」・・・
   私の場合は
   「あまりおいしくないピザを売るにはどうしたらいいか?」
   とか「乗りたくない自動車って、どんなクルマだろう?」
   というところからかんがえます。(p119)


  ・上司なりに「○○社の業績は最近はどうなのか?」と
   聞かれたとします。・・・
   むしろすぐに反応して、30分後に
   「先ほどの件ですが、2、3当ってみたところ
   あまり芳しくないようです」
   と不確定な情報であっても、
   速攻で報告したほうが信頼される(p131)


  ・上司にとって一番聞きたくないのは
   「できない言い訳」です・・・
   このような言い訳は「やる気がありません」
   という言葉と同義なのです。
   そしてそこには「あいつはオレの仕事を断った」
   というマイナスの事実しか残りません(p59)


2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート
長谷川 和廣
かんき出版
売り上げランキング: 1251

【私の評価】★★★☆☆(77点)

■著者紹介・・・長谷川 和廣(はせがわ かずひろ)

 1939年生まれ。
 十条キンバリー、ゼネラルフーズ、ジョンソン等で
 マーケティング、プロダクトマネジメントを担当。
 その後、ケロッグジャパン、バイエルジャパン、
 バリラックスジャパンなどで代表取締役などを歴任。
 2000年ニコン・エシロールの代表取締役。
 50億円もの赤字を抱えていた同社を1年で黒字化、
 2年で無借金経営とする。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)