「私が一番受けたいココロの授業」比田井 和孝、比田井 美恵

| コメント(3) | このエントリーをはてなブックマークに追加

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分

【私の評価】★★★★★(96点)


■この本は、長野県のふつうの専門学校で行われている
 「就職対策授業」です。


 しかし、その内容がすごい。


 最初に、( 自分の人生における役割 )を
 持ちましょう
という話が出てくるのです。


 そしてさらに、その役割を知るためには、
 「あいさつ・掃除・素直」を極めましょうというのです。
 (これは深い!)


■さらに、人生で大切なことを伝えるための
 エピソードがよく考えられています。


 「使命」を教えるために、
 吉田松陰が出てくる。


 仕事の意味を考えるために、
 ディズニーランドが出てくる。


 与えることの大切さを知るために、
 本田宗一郎が出てきます。


 こうしたぴったりの感動エピソードを出せるということは、
 膨大な本を読まれているはずです。


  ・吉田松陰がおしえたことは、結局その79人の若者達に、
   「お前は何のために生まれてきたのか
   「お前の生まれてきた役割は何か」
   ということを教えてあげた・・・(p14)


■自分の役割、感謝の大切さ、「口にだして言えば叶う」
 「与える者は与えられる」など
 ぎゅーっと大切なことを凝縮しています。


 この本を読んだら、だれでも、

 「自分も学生時代に、こんな授業を受けたかった

 と思うでしょう。


 DVDも作って、全国の小学校、中学校、高校の
 授業で見せるべき内容だと感じました。


 学校を卒業してしまった人は、自分でお金を払って
 読んでください。★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・朝起きたら、玄関の掃除、鳥のエサくれ、布団干し・・・
   そういうことを真剣にやりなさい。
   絶対に手を抜かないで、とにかく真剣にやりなさい。
   そうしたら、いつか自分の役割が必ずわかる。」(p15)


  ・「ありがとう」と言えば、
   「ありがとう」の心が生まれる(p144)


  ・与えることで生まれ変わったN君(p184)


▼引用は、この本からです。

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分
比田井 和孝 比田井 美恵
ごま書房
売り上げランキング: 1843
おすすめ度の平均: 4.5
5 感動は人を動かす
5 最適の入門書。
5 素晴らしい
5 本当の『幸せ』の意味が分かりました。
5 本当の教育だと思う。

【私の評価】★★★★★(96点)

■著者紹介・・・比田井 和孝

 上田情報ビジネス専門学校就職課主任。
 形ばかりの就職指導ではなく、
 人生を考えるための授業を展開。


■著者紹介・・・比田井 美恵

 上田情報ビジネス専門学校教頭。
 2年間会社勤務後、同校教師となる。
 2006年よりメルマガ「私が一番受けたい授業」発行。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(3)

  ボクが最近読んで、感動した本は『私が一番受けたい授業』です。

  本のソムリエさんが5つ星をつけただけあるなと頷きながら、
  読んでいました。
  ディズニーの話や五日市さんの魔法の言葉のパートがとても参考になり、
  それ以降、『ありがとう』と『感謝します』を
  今まで以上に意識するようになり、
  相手への慮りの心を意識するようにしています。

それを継続し、周りにパワーを与えられるステキな人に成長
  できるように人生を楽しんでいこうと思います。
これからも本のソムリエさんのメルマガ、楽しみにしています。
頑張ってください(^^)

このメルマガで知り、読ませていただき、
大変感動しました。


当たり前のことを当たり前でない情熱でする。
自分にとって大事なことだと知らされます。

本との出会いが人生をかえる。
このメルマガのおかげと感謝しております。

与えることを徹しておられることに
とにかく感謝です。

本のソムリエさん、私のブログへの訪問ありがとう
ございました。
一日一冊うらやましいです。
しかも、書評まで書いておられるのですね。
時々、見せてもらって本探しの参考にさせて
もらいます。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む