「稲盛和夫の実学」稲盛和夫

| このエントリーをはてなブックマークに追加

稲盛和夫の実学―経営と会計

私の評価:★★★★★91点


値決めは経営である。


●適正な価格とはなんでしょうか。


 ある人は製造原価と利益から考え、
 ある人は市場に受け入れられる価格を考える。


 値段が高くないと売れない商品もあります。


 つまり、正しい価格は本来存在しないのであり、
 経営者の考える戦略で決まるものである
 ということででしょう。


●その奥深さ、重要性を
 稲盛さんは言いたかったのではないでしょうか。

─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・経営はあくまで原点のキャッシュベースで
 考えるべきである・・・
 本当に財産としての価値を持つものなのか、
 そうでないのか(p51)


・売上と仕入れが一対一の対応・・・
 一対一対応の原則(p70)


・中古品で我慢する(p80)


・管理会計報告としての
 時間当たり採算制度(p136)


稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛 和夫
日本経済新聞社
売り上げランキング: 1,269

私の評価:★★★★★91点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)